ミニ四駆公認競技会規則及MTMレギュレーションに順じ尚以下の制限を加える。

【KIDSカー車両規定】
  ※ 2006年 レギュレーション制定
  ※ 2009年 クリアボディの使用許可
  ※ 2015/12/13 使用モーターなど改正
  ※ 2016/08/14 タイヤ、ホイールについて改正
  ※ 2016/12/01 改正追記 (青文字部分)
  ※ 2017/11/25 ホイールの改造範囲を改正 (緑文字部分)

(車体構成について)
● 全てのミニ四駆シャーシを使用することが出来る。
● モーターはレブチューン2、トルクチューン2、アトミックチューン2(各PRO2含む)のみ使用する事ができる。
  ※ 旧チューンモーターは今後入手不能となるので使用禁止とする。
  ※ ノーマルモーターは使用できません。
● シャーシユニット、ボディは切削や穴あけ加工を行うことが出来る。
  ※ 各ギヤは全て無改造で使用して下さい。
● タイヤは無改造で使用し小径タイヤ(直径26mm以下)はギヤ比3.5:1まで、大径タイヤ(直径31mm以下)はギヤ比4:1まで許可する。
● タイヤとホイールの取り付けは定められた直径の組み合わせでのみ使用する。
ホイールはシャフトの貫通と軸受部の面取りのみ加工出来る。
● ホイール貫通処理で72mmシャフトを使用する場合、可能であれば先端をアンダースタビヘッドやマルチテープ等を使って保護して下さい(任意)
● ボディ及びバッテリーの固定はホルダー等を使って機械的に取り付けなければなりません、マルチテープやステッカーのみを使った固定方式は禁止です。


(取付パーツについて)
● ガイドローラー、シャフト軸受けなど全てのボールベアリングは一切使用できない。
● ガイドローラーはプラスチック製のものに限る。
● メタル軸受け、フッ素コート620スチールベアリング軸受けの使用は許可する。
● カーボンプレート、チタンシャフトは使用禁止とする。
  ※ カーボンシャーシ、カーボンホイールは使用可能
● プラボディ及びクリアボディは車種問わず使用して構いません、またボディとして認められる形状の範囲でカットして使えます。
● モーター内部の部品はカップのツメを変形させて分解する必要があるため使用不可
● 加工したパーツやパッケージの紙などを切ってクリアランスなどを調整するのは不可、加工してない状態またはマルチテープ(コースに接触しない部分に使用するのは可)を使って調整するのは許可します。

● 上記以外の全てのノーマルパーツ、グレードアップパーツは無改造(ボルトオン)で装着できる物なら用途問わず取付可能

(注意事項)
ブレーキスポンジは未カットの状態でなら使用可能
両面テープ、マルチテープはコースに接触しない部分にのみ使用可能
● 走行用バッテリーはJIS規格の単3形マンガン電池、アルカリ電池、ニッケル水素電池とする
● 基本的にミニ4ノーマルのマシンにチューン系モーターを入れた車両で参加できます。
  ※ 各レースによって特別ルールが適用される場合があります。


↑ 宜しければミニ四駆 ブログランキングUPにご協力下さい。