MTMミニ4ファクトリー

カテゴリ: 雑記とレポート

MTMマツカワです、12月9日(日)は師走の忙しい中ですが総勢34名のエントリーを頂きまして MTM-HOBBYとしてのファイナルミニ四駆レースを行いました(^^)
20181209MTM-01
コースレイアウトはファイナルに相応するように?、MTM-HOBBY定例レースでは過去最長の160mオーバーの長さで色んなセクションも設置して集大成的に仕上げてみました!
20181209MTM-1720181209MTM-2120181209MTM-16
立ちはだかる60度バンクは前回大会でも付けたので今回は比較的皆さんスムーズにクリアしていましたが、難所としては2段ドラゴンバックの着地とストレートからの高速上りスロープからのジャンプ、そして画像では殆ど確認できませんがそのスロープの下り区間に取り付けたナナメモヒカン、当日突貫で取り付けられたストレートでのロッキング(むしろ減速して良かった?)区間、MTMでは珍しい左回りのコースにさらに左回りのデジタルコーナー区間(右前ローラーで凄く減速します)などなど高速レイアウトっぽいけど速度が乗らないジレンマと戦うコースとなっていましたw
20181209MTM-2320181209MTM-0220181209MTM-03
そしてファイナルって銘打ってましたがいつものようにマッタリと進行していきます、練習走行開始から時間の都合でレース開始がいつもより少し遅くなりましたがジュニアクラス開始!、ミニ四駆の世界ではお父さん仕様のマシンを駆るワークスレーサーも居ますがw、それも含めてミニ四駆です、しかしMTMでは技術の差を少し埋めるべくレース開始からはジュニア専用ピットのみでのセッティングとしています、素人がF1マシンに乗っても実力を出しきれませんよね?、もちろんここにオヤジが割って入ってセットアップしてくれても構いませんが流石にそこまでするオヤジは居ませんね(オジイは居るけどw
20181209MTM-0420181209MTM-0520181209MTM-06
って事でジュニアクラスはいつも速いけど中々結果に繋がらなかったレオン君(徳島)が優勝!(画像が可愛くて萌える(マテ、2位はハルヒ君(愛媛)、3位はレコちゃん(徳島)とMTMレース大会の常連レーサー達が実力で上位を独占しました(^^
20181209MTM-3120181209MTM-2420181209MTM-08
ジュニアクラスの後は少しフリー走行を挟みます、画像では見えづらいですが3人づつ並ぶように(公式レースのスタート並びと同じ)して練習のキリ番をやりやすいようにしたのと、いつもはレース後にやってる抽選会(全員に何かが当たる!)をこの時間にやって時間短縮!、実は両方とも前週の兵庫MONSTAR大会でやってた方式のパクリですがやはり遠征して色々見てくると勉強になりますね。
20181209MTM-1020181209MTM-2820181209MTM-29
オープンクラスはジュニアも含めて全員参加でレースを行いました、4回行った一次予選ですが一次通過者の数を見誤ったので(ォィ、一次落ちは敗者復活戦の勝者を2次トーナメントに割り入れる事にしました、それと時間の都合で2ヒートと成ってしまったので決勝戦は2人で行ってもらいました(^^;
20181209MTM-3020181209MTM-1120181209MTM-13
そしてオープンクラス決勝は6周勝負で行われました!、1コース 徳島のKingなり選手、2コース 香川のタカクン選手、スタートから目を見張る速度でグングンとタカクン選手がリードを広げるも3周目くらいで本日一番の難所だった2段ドラゴンバックの着地でマシンを引っ掛けてしまいCO!、追ってたKingなり選手はそのまま6周見事走り抜けてゴーーール!、ジュニアクラスも息子さんのレオン君と共にMTMファイナルレースを親子で優勝となりました(^^、おめでとうございました。
20181209MTM-2620181209MTM-2720181209MTM-12
↑レース結果です、今回も皆さんの熱きバトルで運営していてもあっと言う間に時間が立ち大変楽しませてもらいました、オープンクラスマシンの記念撮影にはちゃっかりと自分のマシンも入れときました(ファイナルだしねw
20181209MTM-0720181209MTM-1420181209MTM-15
コースの撤収もいつも皆さんに行ってもらいまして大変助かってます、また最後にこれも参加者様に御用意して頂いた魅惑の景品のジャンケン大会!、いつも景品のご提供ありがとうございます、実は密かに毎回ここが一番シャウトする時間帯ですねw

という事でMTM-HOBBYとしてはここで一旦幕を閉じますが、ミニ四駆レースやイベントは今後も高松のハングアウトの方で続けていきます、またこちらのブログ「MTMミニ4ファクトリー」はホームページの時代から12年続いています(公開当時まだ生まれて居ないジュニア選手も大勢居ますねw)ので、ミニ四駆界の伝道師としてミニ四駆がこの世にある限り続けていきます!、と言う事でこれからも宜しくお願い致します(^^



↑ 宜しければミニ四駆 ブログランキングUPにご協力下さい。

お疲れ様です、MTMマツカワです。

先日のMTM-HOBBYファイナルの前の週に兵庫で開催されたMONSTAR大会の参戦レポートです。
20181202MTM-02
兵庫ではいつもお世話になっているMoPさんと色々と絡みのあるNEXT:STAGEさんがメインで主催された播州No.1決定戦に四国MTM勢からいつもの面子4人で行ってきました。
20181202MTM-0320181202MTM-0120181202MTM-08
実は単身赴任先から帰省して持っていくものだけ用意して爆眠してたら・・寝坊してほぼ置いてけぼり喰らいましたが、香川まで追いかけて何とか合流できまして無事に会場に辿り着けることができました(^^;、今回は事前エントリーで100名ものエントラントを数え周りはほとんど知らないレーサーばかり!、でもアットホームな感じでアウェイ感は無かったのが良いですね(^^
20181202MTM-0520181202MTM-1620181202MTM-06
今回ビールの人(SINOさん)は真面目に運営に徹してました?、自分のマシンは全く何もしてなかったのですがフリー走行終了までに時間が無かったので適当な電池を放り込んで望んだら思いっきり遅いのとブレーキガッツンであっという間に周回遅れに(パタ..、でも何やら主催の人とのサプライズ組み合わせだったので景品貰いました!、レース開始までに行われた抽選会でも絶版のダイナホークのキットが当たってもうこの辺りでお腹いっぱいでしたw
20181202MTM-0420181202MTM-0920181202MTM-10
レースの方はブレーキをリセッティングさせたら速度も乗ってくれて密かに1次予選は突破しましたが2次予選は小学生の女の子にチギられてスピード負け敗退・・、練習走行はほぼやって無かったのでマッハダッシュを試して無かったのが悔やまれる(後の祭りw、そして練習から2次予選までほとんど1周回もできてない我らがFCハヤト君がジュニアレースに参加できるってんで皆で寄って集って見たら「スラスト少なすぎるんじゃね?」って事で出走締め切り直前までフロントバンパーを何かしてました(^^;、ジュニアレースではセッティング変更が功を奏したのか中々の走りでしたが今一歩の所でコースアウト敗退、一緒に行ってた いましろ選手も同じ所で飛んでたな(ぅ、また、道中運転してくれた まるお選手はなんでもないスロープ下りでぶっ飛んでたと思う(^^;、我々まだまだ経験値が足りませんな・・(深
20181202MTM-0720181202MTM-1220181202MTM-14
って事で我々4名はここで終了、同じ四国から参戦していた高知の黒月さん御一行も成績は芳しくなかった模様(^^;、ミニ四駆界の層の厚さを感じ取れましたね、決勝トーナメントからは厳しい車検が行われていましてたまたま車検場所のすぐ横で観戦してたのでトーナメント進出マシンを間近で見られたのですがほとんど全車MSフレキ構造でしたが四国で流行ってるピボットやアンカーなどは付いておらず前後ともリジットバンパーでした、それでこのストップアンドゴーのコースを高速でクリアしてるので目からウロコでしたね。
20181202MTM-1520181202MTM-1320181202MTM-11
決勝戦では小学生の女の子が・・・って自分を2次予選でブッチ切って行ったあの子でした、ジュニアとは言え見るものを納得させるその驚愕の走りは本当に播州ナンバーワンと言える活躍でした、コトネちゃん優勝おめでとう御座いしまた(^^

それではMONSTAR大会に参加された皆さん、主催の方々の皆さん大変お疲れ様でした、また次回も機会がありましたら参加したいと思いますのでその時は宜しくお願いいたします!


11月4日(日)はMTMホビーの月例レース&ステーションチャレンジROUND4を開催しました。
20181104MTM-01
MTM主催のレースでは5年ぶりくらいに登場の60°バンクセクション!、そびえ立つ壁に皆さんどう対応させて行くか楽しみです。
20181104MTM-0220181104MTM-0320181104MTM-04
朝のフリー走行から60°バンクとはどんなもんじゃ!?って感じでしたが、実際には第1コーナー曲がっての2段ドラゴンバックが思った以上にスピードが乗るのでブレーキの加減が難しかったか?、また最終コーナー手前にセットしたウォッシュボードもセッティングが合わない人には猛威を奮っていましたね(^^;
20181104MTM-0720181104MTM-0620181104MTM-05
決勝ヒートのクラス分けをする予選タイムアタックは徳島勢が勢い良くてトップ2はDAI選手とwaka選手が同タイム!(同タイムはヒート順またはエントリー順で順位を決めます)、3位の にーこ選手も0.04秒差に食い入る好走でした。
20181104MTM-0820181104MTM-1020181104MTM-11
予選の後はジュニアクラスです、今回は2ヒート制のレースとしました、そしてジュニアのレースはピットを離れてこちらで管理するテーブルにてセッティング変更や電池交換をしてもらい好き勝手なオヤジ達の魔の手からマシンを保護しますw
20181104MTM-1220181104MTM-1320181104MTM-14
ジュニアには速度が出すぎる少し難しいコースレイアウトだったようで予選でも2名しかタイムを残せなかったのですが、突然マシンが覚醒した ゆうた選手が速さと安定性を兼ね備えて見事優秀!、2位は一発の速さでは定評のある ケント選手となりました、入賞者のこの2名はオープンクラスにも出場してもらいました。
20181104MTM-1520181104MTM-1720181104MTM-19
オープンクラスは予選でタイム計測が出来た上位12名がAメイン、下位11名(+ジュニア1名)がBメイン、そしてオールCOの11名(+ジュニア1名)がCメイン(COメイン?w)からの出走となります。
20181104MTM-1620181104MTM-1820181104MTM-20
Aメインからは決勝ヒート3名、Bメインからは決勝ヒート2名、Cメインからは決勝ヒート1名の合計6名が勝ち上がる事にしました(参加人数により変動あり)、Cメイン勢はコース攻略が出来なかった人達ばかりなので走りはそこそこ・・(^^;、Bメイン勢はワンチャン有るような走りをする選手もちらほら・・、そしてAメイン勢は誰と当たっても好バトルって感じで見ていても迫力ありましたね。
20181104MTM-2120181104MTM-2520181104MTM-26
そんな中から決勝ヒートに進出した6名からの決勝戦はBメインからカチューシャ選手とゴッチ選手の2名が勝ち上がりAメインから1人立ち向かう形となったパピコ選手との3名バトルです!、決勝ヒートは6周バトルです!、白熱したレースは一度全員COの仕切り直しからの再レースとなりましたが、2回目のバトルでパピコ選手が無念のCO!、カチューシャ選手とゴッチ選手の一進一退の超見どころのあるバトルとなり両者6周ゴール地点での差は僅か2センチ!って事でレースを制したのはスピリットワークス所属のゴッチ選手でした!!

優勝したゴッチ選手には念願のステチャンチケットを贈呈させて頂きました、静岡でも頑張ってきてくださいね、それとゴッチ選手のマシンに4輪スポンジタイヤを履いているのは見逃せませんね、ピンポイントのセッティング効きましたね(^^

今回のレースの様子もパピコ選手がYouTubeにて紹介してくださっているのでチェックよろしく!

20181104MTM-24
という事で時間もギリギリでしたが無事に大会を終えることが出来ました、コースの設営から撤収までしていただきご参加頂いた皆さん大変お疲れ様でした、明日から高松のガレージハングアウトに出稼ぎに出ますのでそちらでも宜しくお願い致します(^^

それでは次回大会はまだ未確定ですが、その時も宜しくお願い致します!!


来る11月4日(日)はMTM-HOBBYの月例ミニ四駆レース大会です。
29815
今回はミニ四駆ステーションチャレンジROUND4としても開催しますので静岡で開催されるステチャン戦出場の認定チケットがゲットできる最後のチャンスとなります!

気になるコースレイアウトはこちらになります。
20181104コース
↑って事で久しぶりにガチムチ全開立体バトルが出来るようなレイアウトにしてみました、まぁ実際に走らせるまではどうなるか解りませんがw、今回は60度バンク対策とどうなるか読めない箇所として最終コーナー手前にセットする懐かしの?ウォッシュボードセクションでしょうか・・

■大会会場
・ MTM近隣の豊岡公民館3F大ホールになります。
 ※受付はMTMホビー店舗にてお願い致します。
 ※参加費 ジュニア100円、オープン500円 (MTM店内コースも利用可)
 ※会場の駐車スペースは東側の未舗装駐車場も含めて40台ほど使えます。

■タイムスケジュール
・ 9:30 MTM店舗にて受付開始 (12時ころ締切)
    ※9:00頃はコース搬入に付きお店に誰も居ないかも?

・10:00 コース設営が出来しだいフリー走行開始
    ※当日はスタッフが殆ど居ませんのでピットテーブル等は各自で出して下さい。

・12:30 予選タイムアタック開始
    ※クラス分けの為の予選です、予選落ちは有りません。

・14:00 ジュニアクラス開始 (参加人数によりオープンクラスへの参加も認めます)

・15:00 オープンクラス開始

・16:30 レースイベント終了

・16:50 片付け、表彰式、抽選会など行って解散

※基本的に決勝はバトルレースで行いますが参加人数により小変更する場合がございます。
※会場内は火気厳禁です、またゴミなどは全てお持ち帰り下さい。


当日の朝は地元スタッフが少ないので申し訳ありませんが来られた方はコース設営のお手伝いをお願い致します、コースが設営でき次第フリー走行可能となりますので宜しくお願い致します。

それでは今大会も皆さんのご参加をお待ちしております(^^


10/21(日)は超久しぶりに2日続けてのミニ四駆レース参戦!
20181021MTM-01
って事で前日のリンクス戦から香川のガレージハングアウトさんでのステチャン戦に参戦してきました。
20181021MTM-1420181021MTM-0320181021MTM-02
こちらのハングアウトさん、MTMホビーの立ち上げ時期(2年半前)と重なってレースの開催も日曜って事で中々MTMの休みと都合が着かず今まで行った事が無かったのですが、近々店舗も移転(今回は駐車場として使われた場所です)されるって事と他にも微妙に用事もあったので行ってきました(^^
20181021MTM-0820181021MTM-1620181021MTM-04
ハングアウトのレースはミニ四駆仲間の有志で行われており今回は25~6人の熱いミニ四駆レーサーが集まっておりました、でも殆どがいつも見る面子でしたがねw、3ヒート制(川之江方式)のバトルレースで第1ヒートはローチャリ(Dチャソ改名?)選手が勝ち上がり!
20181021MTM-0520181021MTM-0620181021MTM-07
第2ヒートは愛媛勢3人でのバトルでU-1選手が勝ち上がり、第3ヒートでは全員香川勢でにジュニアも1人居たのですが、TBのU-TA選手が勝ち上がりました、決勝ヒートは各ヒートで勝ち上がった3名でのバトルです、もう走行音が「ビシュ!」「バシッ」「ドン!」っていう擬音で語れるような異次元の速度で走ってました、そんな中での決勝ヒートの優勝はスタッフ兼任のローチャリ選手となりました、2位は少しコーナーで引っ掛けて出遅れたU-1選手、3位は無念のLCジャンプ飛びすぎでCOとなったU-TA選手でした、皆さん入賞おめでとう御座いました(^^
20181021MTM-1720181021MTM-1320181021MTM-12
レース後はお楽しみのジャンケン大会が行われました、自分はずっとグーを出していたんだけどジャンケン主のケイ選手は1回もチョキを出してくれずオール1回戦負けでした(爆
20181021MTM-0920181021MTM-1020181021MTM-11
最後は身内ドベ決定戦!、見事ドベ優勝は一度も1回戦突破成らずと成った哀愁漂うイヲシカワ選手でした・・(爆

今回の遠征は道中イヲシカワ選手の運転でしたが、帰りはどっかラーメン屋を探して罰ゲームでおごってもらおう・・(マテ
20181021MTM-20
って事で「ごぞうらぁめん 鶴市店」って所に入りました、太麺でめっさ食べごたえありましたね、今回は無事に2日間の連チャンでステチャン戦に参加となりましたが我々グループはチケットハンターには成れないなと思わせる雰囲気でしたw、しかし遠征ミニ四駆の楽しさは再認識しました(^^

それでは今回も遊んで下さった皆さんお疲れ様でした、また近々お会いしましょう!!


このページのトップヘ