今週は全国的に大雨となっていて公立学校は警報が出て週末も合わせると5連休って所も多いんじゃないかな?、警報で学校休みなんだけどやはりMTMホビーに誰も子供達は走らせに来ませんが・・(^^;
MTM201807コース
という事で?、7月からの店内ミニ四駆コースレイアウトは上記の図面のように成っています、2段スロープが今回の目玉ですがスペースの関係でバンクセクションが設置出来なかったのでバンクのロスが無い分、超絶ブレーキのセッティング練習ができると思います。

ブレーキを制すものは立体を制す・・どんな速度域からでも適切なブレーキを発生させる事が現在のミニ四駆レースで勝つため重要な要素ですが、まずは確実に止められるブレーキとはどんなものか?ってのを色々試す事ができると思いますよ(^^
20180706MTM-1220180706MTM-1120180706MTM-10
コースの組み換えは前回の月例レースが終わった後に常連の皆さんでやってくれました!、皆さん超元気ですね!、2段スロープ用にコースのウマも新規制作してこれから約1ヶ月間のタイムアタックに備えます。
20180706MTM-2020180706MTM-2120180706MTM-13
まだ今月のタイムアタックは始まったばかりですが、上半期ポイントランキングで猛威を奮った まるお選手が好タイムを叩き出してハードル上げていますw、ノーマルマシンは いましろ選手(また画像ありませんがw)の 13.52秒というノーブレーキで走らせるノーマルマシンとしてはかなりの好タイムを記録されています!、それとKIDSカー、ノーマルマシン共に前回の記録から算出したタイヤコンパウンドのハンディキャップが有りますのでご確認ください。


今回のコースは「止める」がテーマに成ると思いますがオープンクラスはブレーキの素材やヒクオの有無でセッティングが千差万別で中々難しいので、取り敢えずKIDSカーのテンプレート的なマシンを紹介しておきます。
20180706MTM-0120180706MTM-0220180706MTM-06
上記のパーツ配置でゴム管ブレーキをフロントに1個で高さ約3mmに、リアはゴム管ブレーキ2個で高さをギリギリ1mmに装着、これで12秒前後で走れると思うのでセッティングに悩む人はパクって作って見てくださいw、もちろんこれにベアリングローラーやダッシュモーター装着でオープンクラスにステップアップしても良いと思います(^^


それから店内タイムアタック大会も今年の下半期大会に入ったのでこれを機に偶に問題になる「ボディの大きさ」を簡単に定義しようと思います。

タミヤの公式競技規則では

「(注1)ボディの改造が規則に合っているかどうかを競技役員が判断しやすくするため、著しく小型化されたものやシール・塗装の確認しづらいものは出走が認められない場合があります。また、クリヤーボディなど切り取り余白部分、ウイングのみなどは『ボディ』とみなされません。」


と記載されていますが具体的な寸法は記載されていませんから解釈によって見解が変わってきます(^^;、という事でMTMの店内タイムアタック用のマシンは

「上面から見てボディ面積は加工後のシャーシ単体面積の40%以上、可能であれば判断しやすい50%以上を推奨する」

という事にします。

参考例 (黄色線で囲った部分がボディ、紫色線で囲った部分が基となるシャーシ)
20180706MTM-1920180706MTM-1620180706MTM-23
最初の画像はデクロスのフロント部分だけボディとした例、これは30%くらいしか無いので完全にアウトとなります、2枚目のFM-Aはギリギリ40%未満って所でアウトなんですが基のシャーシのサイドカードを切り落とせば40%くらいにはなるかも?、3枚目は自分のカツフラマシンですが基のシャーシの大きさからするとギリギリ40%ちょいって大きさかな?(OSKではギリって言われたw

40%は微妙な見解に成るので下記のような50%以上のボディサイズが最低欲しいですね。
20180706MTM-2220180706MTM-1820180706MTM-17
1枚目はノーマルマシンのデクロス、ノーマルシャーシなんでシャーシ面積も多いのですがボディサイズも全く問題ないですね、2枚目は自分のFM-A立体車ですがサイドカードを切り取っているのと、3枚目はウィニングバードの細切りですがカツフラ車の場合シャーシ面積が少ないのでどちらもボディ面積は50%くらいあると思って良いでしょう。

細かくは面積測れないのでボディ面積は見た目の主観になりますが、「MTMの店内タイムアタック」ではボディの面積もご考慮ください、また公式競技規則では「シール・塗装の確認しづらいものは出走が認められない」と記載されているので塗装無しの場合はシールもアピールできるようにチョイスお願いします、ちなみにMTMルールではマルチテープや公式の車検シールはシールとして認めないとしていますのでご注意くださいw

ついでにキット標準のメッキボディやカーボンプリントなどのカラーは成型色として塗装としては認めない事にします。

※あくまでMTM店内タイムアタックにおける車体ルールです。


ボディの塗装
20180706MTM-0720180706MTM-0820180706MTM-09
息子のタイガのボディも丸2年は使っているので、新ボディをこの休みの合間に作りました、先日自分がカットしたアバンテMk2のボディをトレースしたので色々なシャーシに搭載できる予定w


現在の店内タイムアタックリザルト
20180706MTM-1420180706MTM-15
店内タイムアタックも下半期選手権に突入しました、7月のROUND7は 7/1~8/4(店内案内では8/5と記載していますがレース日に被るので8/4(土)までとします)で開催となります、後半戦も毎月開催で全6戦の高ポイント4戦分の合計ポイントで争いますので皆さんも後半戦に向けて頑張ってくださいね(^^



↑ 宜しければミニ四駆 ブログランキングUPにご協力下さい。