ブログでは詳細アナウンスが遅れてしまいましたが、今週末の9月30日(土)はMTMホビーのナイトレースで鍋ヨンクを開催します。
20170929MTM-12
地元の愛媛県東部では30年ほど前から「芋炊き」って鍋が流行っていてこの時期になると色んな所で鍋会やってます、まぁそんなのもあるのでたまの息抜きにって事で企画されましたw

ナイトレースとしては下記のタイムスケジュールになります。

【鍋ナイト タイムスケジュール】
PM4:00~ オープンバトルレース開始 (フラットレイアウト)
PM5:00~ コース微変更による耐久レイアウトに変更
PM6:00~ 鍋仕込み開始!
PM6:30~ オープン60分耐久レース開始
PM8:30~ ナイトレース イベント終了

最初のオープンバトルレースまでは走行料金のみで参加できます、その後は60分耐久レース+鍋会参加って事で大人は会費500円徴収(飲み物は各自持参でお願いします)させて頂きます、ジュニア参加の子は無料です。

【オープン60分耐久ルール】

・ オープンクラス仕様のマシン
・ バッテリーも含めて全備重量130グラム以上のマシン
・ コースは最低1箇所のドラゴンバックセクションが付きます。
参加者を三等分して3チームに分けてレースを行います。
・ LCを外した1、2、3レーンのコースを各20分間づつ走らせます。
・ 周回カウントは用意されている手動のカウンターにてに限る
・ 合計60分の合計周回数にて順位を決定いたします。
・ 各20分間の走行後は20分のインターバル(休憩)を設けます。
・ インターバル期間中の走行、マシンセッティングを認めます。
・ 1台が連続して10分間以上の走行を禁止します。
・ 各チームの参加者は最低1回は自分のマシンを走行させて下さい。

■ ピットイン手順
・ 出走するマシンは予めモーターは取外して自分のピットエリアにて待機して下さい。
・ マシンチェンジの時はピットインしたら必ずモーターを取り外して下さい。
・ 出走車は前走車のモーター取り外しを確認してからモーター搭載し出走して下さい。
・ ピットインして再度出走する際はすべて車重チェックしてから出走して下さい。
・ 車重が130グラム未満の時は備え付けの単三電池を貼り付けて走行させて下さいw

よく解らないと思うので画像で説明・・(ぉ
20170929MTM-0120170929MTM-02
↑ ピットインしたらおもむろにそのマシンのモーターを取り外します。
20170929MTM-0320170929MTM-04
↑ 所定の位置に用意してある次の出走用マシンのモーターと入替えます。
20170929MTM-0520170929MTM-06
↑ 次の出走用マシンにモーターや電池を搭載します、準備OKとなったら・・
20170929MTM-0720170929MTM-08
↑ 常備されている秤で重量チェックします、この時に130グラム未満だった場合は・・
20170929MTM-0920170929MTM-10
↑ 備え付けの単三電池をウェイト代わりにテープで固定してもらいます、車重が130グラムに達していたら出走OKです、注意点としてはこの重量チェックでアウトだった場合はピットには戻れず必ず単三電池をウェイトとして使用してもらいますw
20170929MTM-1120170929MTM-13
↑ そして再スタート!、同じように順次ピットイン、ピットアウトを繰り返して下さい、途中で再セッティングや電池交換もOKですが1台が連続して走れるのは10分間以内でお願いします、また各チームの選手は最低1回はご自分のマシンを出走させてください。

とレース内容は説明すると難しそうですが、やれば周回カウント以外はそれほど難しくないでしょう、それよりその間にどれだけの鍋をたいらげることが出来るか・・そっちの方がレースですなw

という事でまたご参加の方宜しくお願いします(^^


↑ 宜しければミニ四駆 ブログランキングUPにご協力下さい。