2017年7月9日 山ちゃん杯 カツフラレース参戦マシン (大阪貝塚トップギア)
20170715MTM-27
VSシャーシ 黒2番、重量68グラム(電池無し)

(制作メモ)
20170715MTM-0220170715MTM-0320170715MTM-04
速いマシンは足元から・・・と言うかタイヤの重量とグリップ特製を探るために新規で超大径タイヤを数セット制作、ホイール加工は時間の都合で旋盤使ってサクッと・・ワークマシン使ったほうが620ベアリングのガタを吸収できるのでそっちのが良いかも?
20170715MTM-0520170715MTM-0620170715MTM-07
10年ぶりに作るインナースポンジ、こちらも時間の都合でレストン1巻になったけど重量は4本で0.5グラムくらいしか違わなかったので、今のタイヤの細さなら耐久性と変形を考慮するとインナーゴムでも十分かな
20170715MTM-0820170715MTM-0920170715MTM-11
今年の5月に兵庫の高砂の第3回MoPで使ったマシンに取り付けようとタイヤを作っていたんだけどMTMホビーのタイムアタック用にスプリントダッシュ入れて走らせて(秒速9m以上のペース)いたら軸受割れてた(汗、そのため急遽マシン新造する事に
20170715MTM-1020170715MTM-1220170715MTM-13
今風の構造に今風の前出し(寸法測ってません・・・)、モーターピン打ちには写真の治具がとても便利に使えました、急いで井桁を接着したので若干3点設置気味だったんだけど、本接着してからシャーシを鏡の上にオモリと共に一晩置いていたら矯正されてたw
20170715MTM-1420170715MTM-1520170715MTM-16
一日早く形になったので前後のギヤカバーが浮かないようにネジで固定するようにしてみた。
20170715MTM-1820170715MTM-1920170715MTM-20
ちょうどこの時期にMTMホビーでS2ワンメイクでタイムアタックしていたのもあり、ギヤカバーのクリアランスには敏感になってましたw
20170715MTM-2120170715MTM-2220170715MTM-23
加工は写真の通りですが、全て目見当でやってます、井桁の接着も目見当です(タイヤの加工も・・)、信じられないかもしれませんが全部適当に「えいや!」ってやってます、プラモデル歴40年にもなると手先の器用さだけで大体出来るように成りますね。
20170715MTM-1720170715MTM-2420170715MTM-25
駆動系はスパーとクラウンの根本にペラギヤが当たり辛いように必要最小限削っただけで他はほぼノーマルです、レース前日にMTMホビーで敷いていた104.84m(だったかな?)のフラットレイアウトのコースでナラシ無しのアケポンのアトミ2と100均アルカリで10回くらい走らせてみると丁度秒速7mの速度が出たので良しとしてシャーシ温存して山ちゃん杯のレースに挑みました。

山ちゃん杯のレース本番ではもう少し平均速度が伸びるかと期待したのですが、スラストとか安全マージンをとってCOしないようにデータ取りしてたら予選19位でした、ここ数年、自分のカツフラ大会のリザルトでは全体の半分より下のタイムばかりでしたが今回は真ん中より上だったのでまあ良いかなと・・

おかげで今回の一番の目的だった現在のカツフラマシンに使うタイヤのグリップデータも取れました、とは言えチューンモーターを使う繊細なレースなのでタイヤを管理するモチベーションが続くかな?

次は今回と同じように当日アケポンのアトミとエボルタ常温で戦う岡山RGS戦に参加する予定です、それではまた皆さん宜しくお願いします。



↑ 宜しければミニ四駆 ブログランキングUPにご協力下さい。