4/9(日) は大阪で開催されたMINI4GCS(以下グラチャン戦)のOSKチャレンジカップに参加してきました。
20170409MTM-01
実はエントリーの時にメールエラーで参加受理されてなくて(汗) 取り敢えずキャンセル待ちでお願いしてたら何と大会2日前の夜にギリギリ最後の1人でエントリーが受理されたと連絡があり、慌ててマシンを捏ち上げて無事参加する事が出来ましたw
20170409MTM-0220170409MTM-0720170409MTM-03
当日はスタッフ参加も入れて90名程のカツフラレーサーが全国から集まりました、そのうち1割ほどが韓国からのエントラントで日本勢も負けられません!、という自分のマシンは前日のMTMホビーの大会でダッシュモーターをブチ込んで走らせていたマシン・・、ギヤクリアランスをかなりキツめにしていたのでチューンモーターだと動きが重くて練習走行から最下位グループ争いが見えてました(想定内w
20170409MTM-0520170409MTM-1420170409MTM-08
出走の時は支給されるエボルタのアルカリ電池を受け取って走らせます・・しかしこの電池の数には圧倒されますね!、エントラントの顔ぶれも右を見ても左を見ても上位進出の可能性のある猛者ばかりなのでカツフラ雰囲気組w の自分は走らせるタイミングが難しかったです(汗
20170409MTM-0920170409MTM-0420170409MTM-06
取り敢えず1回だけタイムが残せたんですが辛うじて30秒を切れたのでまぁ良しと・・(^^;、それとライバルの帽子を被ったスパイダーマンが今回も居ましたw、大会では参加人数の割にスタッフも熟練しているのとアルカリ常温の支給方式なのでスムーズな進行となっていて感心しました。
20170409MTM-1020170409MTM-1220170409MTM-11
コンマ1秒の中に何人も居る超ハイレベルな展開でしたが、トップタイムを叩き出したTAKEさんは2位以下に約0.5秒もの差を付けての文句無しの見事な優勝となりました、彼はここ数年はタミヤ公式に力を入れてましたが実は旧全国選手権(カツフラレース発祥の大会)からのトップレーサーで実力は折り紙付きです、優勝おめでとう御座いました(^^
20170409MTM-13
と言う事で集合写真前にちょこっと撮影w、今回の大会リザルトはOSKチャレンジカップの公式ページをご参照してもらうとして、さっきも書いたようにコンマ数秒バトルの超ハイレベルな内容でした、またグラチャン戦での上位常連の選手達がまさかの第5ヒートファイナルに残れないという展開も有り、新しいカツフラレーサー達が力を付けて来た証拠ですね!!

カツフラ大会が始まって20年強・・それでも競技人口はまだまだ少ないと思いますが日本全国から新たなトップレーサーが生まれてきていますし、お隣の韓国のカツフラレーサーの実力も侮れません!、そしてまた旧全国世代、グラチャン世代、そして今年から新しい組織運営となった新グラチャン世代へと時代の移り変わりを感じる大会でした、また今回は旧全国選手権の運営をされていた「くのいち」さんもお見えになり、カツフラレーサーの血統が脈々と受け継がれている所を見て頂けました(^^

それではOSK大会に参加された皆さん、またスタッフの皆さん大変お疲れ様でした、今後も一歩、また一歩と進むレベルの高みを魅せて頂けると幸いです、今後共カツフラ大会を皆さんで盛り上げていきましょう(^^



↑ 宜しければミニ四駆 ブログランキングUPにご協力下さい。