今度の6/25(土)はMTMナイトレース開催です、オープンクラスはオープン耐久レースって事で周回ハンデキャップの無い KIDSカークラスの基本的な車両を紹介します。
20160623MTM03
上記のマシンは現在のコースでKIDSカー最速ラップを刻んでいる当方のARシャーシです、パーツは一部を除き基本的に無加工で取付けるのと、ボールベアリングは無し、モーターはチューン系のみOKという内容です。
20160623MTM0120160623MTM02
こちらは平日なのに朝一からマシンを煮詰めている新規のお客さん達w、夕方からは耐久レースを見据えてかチーム伊賀沢のタオル総長がKIDSカーのテスト走行に来ていました。
20160623MTM0420160623MTM05
で、自分のKIDSカーも年末にジョリーハダで行った年越耐久レースから殆どメンテナンスしていなかったので駆動系のオーバーホールを行いました、ちなみにシャーシ、ボディ、ホイールの貫通は穴開け切削加工はOKとなっていますが、こちらのマシンは入門者でもコピー出来るように敢えてボディなど穴開け軽量化とかは行っておりません。
20160623MTM0620160623MTM07
立体コースが主流となって昨今ですがKIDSカーのレギュレーションを制定した10年ほど前に一部で「ひこめちブレーキ」として流行ったスタビポールを締めるゴム管を流用したゴムブレーキを搭載しています、ゴム管もレギュレーションに則り無加工ですが写真の位置が丁度スロープで効いてバンクで擦らない絶妙な位置になりますね。

このKIDSカーでアトミックチューン、トルクチューン共に(レブは試していませんw) 19秒台後半で今のコースをクリアしてますので、タイムが縮まない方は一度 KIDSカーを作って走らせてみては如何でしようか(^^

それとタイムアタック表ですがベスト8までのボードをベスト20まで追加しましたので、また皆さんタイム更新しましたら記入してくれると幸いです。

と言うことでオープ耐久レースは特にKIDSカーじゃないと駄目って訳でもありませんし、単独参加も歓迎ですので土曜ナイトレースもご参加のほう宜しくご検討下さい(^^



↑ 宜しければミニ四駆 ブログランキングUPにご協力下さい。