MTMミニ4ファクトリー

香川高松 ガレージ・ハングアウト店長ブログ

2018年12月

12月30日(日)は待ちに待った新生ガレージ・ハングアウトでのミニ四駆レースが開催する事ができました!、今回からミニ四駆ハングアウトCUPとして開催数をカウントしていこうと思います(^^
20181230MTM-02
電気工事開通から僅か5日での開催に漕ぎつけましてご案内も殆ど出来ていなかったにも関わらず四国四県+岡山からのご参加もあり総勢34名で賑やかに開催できました、当日はドリラジの遠征の方々も居まして他にもギャラリーや一般のお客様、それに手伝いスタッフも居ましたので店内は100名程の人出がありました!
20181230MTM-2520181230MTM-0120181230MTM-24
実は案内も緊急だった為ミニ四駆のレースはそれほどエントリーを見込んでいなかったので運営の準備もガチではやってなかったのですが(マテ 自分の想像の倍以上の人手と成りましたが何とか運営できました(^^、今回は年末年始用の特設コースを使って中々経験することのないループセクション付きなのでで皆さんイコールコンディションで争えたでしょうか?
20181230MTM-0320181230MTM-0820181230MTM-16
それと全くのレース初心者にも気軽にご参加していただけるように当日の朝に思いついた(ォィ「フレッシュマン」というクラスにも10名のご参加があり今後も新規ユーザーの獲得に少し手応えを感じました・・・が、入賞3名はいつもの面子でした(^^;;、今後こちらのクラスで成績を残しだしたらオープンクラスに昇格してもらう予定です、まぁでもミニ四駆は完走しないと勝てませんから・・ぇぇ(意味深w
20181230MTM-1320181230MTM-2820181230MTM-04
オープンクラスになるとスピードレンジも上がって見ていても迫力ありますね、今回1次予選は3回行いましたが全車CO(コースアウト)の場合は再レース無しで行ったので決勝トーナメントに勝ち上がってきた人は全員コースを攻略されています、また個人的に一次予選のハイライトは香川、岡山、高知の有名強豪選手のバトルでしたね、でも勝ち上がれるのは1人しかいないのがレースの世界・・今後も皆さんよろしく御願いします。
20181230MTM-0620181230MTM-0720181230MTM-17
オープンクラス決勝戦はこちらも誰が勝ってもおかしくない組み合わせとなりましたが、速度と安定性に一歩抜きに出た なぎパパ選手が初代ハングアウトCUPの優勝者となりました!、プリンターの調子が悪くて賞状が用意できませんでしたが次回皆さんに贈呈いたします、入賞された皆さんおめでとうございました。
20181230MTM-0520181230MTM-2120181230MTM-22
参加賞の景品はタミヤからの協賛品(の余りw)と まっつん選手寄贈のサイダーとイヲシ選手寄贈のカップ麺にて賄いました!、ご協賛ありがとうございました(^^、それと正月休みですが自分の案内では 12/31~1/2までお休みとしていましたが、他のスタッフが元旦1/1以外はハングアウト開ておりますので宜しければご来店ご利用お願いします、それと来年からの施設利用料金を張り出しています、一見様だとちょっと料金上がりますので週に2回以上ご利用の方は是非会員登録してくださいね(^^

あっ、それと1月5日(土)もミニ四駆レース開催します!、コースは同じループ付き特設コースですが微妙に違うセクションを投入するかも?(予定は未定w


そして夕方からは裏レースが・・・
20181230MTM-0920181230MTM-1020181230MTM-12
今回は岡山からご参加のロケット03選手のグループで第1.5回ロケット杯(何故1.5回・・w)が急遽開催される事になり、こちらも20名ほどの参加で盛り上がりました!
20181230MTM-1820181230MTM-1420181230MTM-15
ロケット杯はハングアウト常設コースで開催してもらい、ループ付きの特設コースとは全くセッティングの違う走りで楽しみました、コースが2面あると1回で2度美味しい・・w、ご参加頂いた皆さん、運営して頂いた皆さんお疲れ様でした、最後にこの世にまだ10枚しか無いというロケット03ステッカーの1枚をジャンケン大会に・・・えぇ、ジャンケン大会に勝った記憶のない自分でしたかなんか勝ってしまって貴重な1枚をゲットさせて頂きました、大切に使わせていただきますね(^^


ハングアウトではミニ四駆以外にもドリラジやスケボー、そしてもしかしたらミニッツも?
20181230MTM-2620181230MTM-2720181230MTM-20
これらの施設でも何らかのイベントを開催して行きたいと思いますので、ご興味の有る方は新規さん大歓迎ですのでよろしくお願いいたします、またカップ麺(一律200円)も100種類以上?ご用意していますので小腹がすいたらそんなの食べながらくつろいで頂けると幸いです。

本年は2月にMTM移転、そして11月にハングアウトに移動と色々バタバタしましたが、また来年からもよろしくお願いいたします!(^^



↑ 宜しければミニ四駆 ブログランキングUPにご協力下さい。

MTMマツカワです、この秋から単身赴任して起ち上げ準備をしていた新生ガレージ・ハングアウトですが、年末押し迫って来ましたが何とかプレオープンとなりました!
20181228MTM-06
電気設備の老朽化で電気が通せず店内工事が遅れてしまったのが最大の原因だったのですが、業者さんはもとより親会社のスタッフも動員してコツコツと仕上げて準備してきました。
20181228MTM-0520181228MTM-04
という事で何とか年内に形になったのでこの年末年始を利用して店内センターの多目的スペース?にて緊急開催ですがプレオープン記念ミニ四駆大会を行います。
20181228MTM-0220181228MTM-03
年末年始と言えばグルグルですよ、ループですよw、当方主催でもこの時期にしかループは出てこないので走らせたことのない人は是非ループの洗礼を受けましょうw、低床ローハイト可された現代のミニ四駆に一石を投じる楽しさがあると思います(^^、ちなみにMAやARのノーマル(スキッド外し)だと比較的完走する難易度になってます。(完走しないマシンはノーマルよりデチューンされたマシンって事です)

レースの方は12月30日(日)に緊急開催のプレ大会に成りますのでマッタリと行う予定です、レース参加の方は施設利用料金として500円(ジュニア無料)で正午開店ですので大会スケジュールは15時頃よりスタートとしたいと思います。※施設利用料は来年より値上げの予定です・・(ぅぉ

20181228MTM-13
20181228MTM-11
それと当日は通常の常設コースも使えます、ただしこちらは土足厳禁となっていますのでご注意ください、誤って足跡つけた場合は各自で掃除機かけて掃除宜しくw
20181228MTM-1420181228MTM-15
他にもガレージ・ハングアウトではドリラジコースやスケボーランプもご利用いただけますが、ミニ四駆メインの方は他の施設の邪魔に成らないよう双方御理解の上ご利用ください、なにやらレース当日はドリラジの方達も知り合いが関西から何人か遠征に来られるそうです。
20181228MTM-0120181228MTM-07
ミニ四駆のパーツも充実のラインナップ(ウチに有ったのも殆ど持っていったw)です、それとは別に各種カップ麺も充実のラインナップ・・(爆、こちらは200円均一で販売です、ポットのお湯も用意しておりますので小腹がすいた方はどうぞ(^^


ガレージ・ハングアウト

住所 〒761-0311 香川県高松市元山町1257-1 (パスポート高松あと)
電話 まだ繋がっておりません(汗
駐車スペース 30台くらい?

営業時間 12:00~21:00
利用料金 1時間100円~5時間以上500円(来年より変更予定)

年末年始休業 12/31~1/2 の3日間はお休み頂きますのでご了承ください。
※年明けにもミニ四駆レースを行うかも・・・


12月16日(日)はカー用品でお馴染みのジェームス宇多津店で開催しれている第4回jmsカップ ミニ四駆大会に参加してきました。
20181216MTM-02
いや~、よく考えてみたら3週続けてミニ四駆のレースに参加した(兵庫、愛媛、香川・・)のは何年ぶりだろう?、今任されているハングアウトが本格稼働したら日曜は仕事に成るので今のうちにレースに参加して置かなければw
20181216MTM-0120181216MTM-0820181216MTM-04
という事ですがジェームス宇多津店ではオープンクラスが午後3時からの開催になったので、時間的にギリギリ参加できました、エントリーは30名ほどで90%はいつものガチな面子でしたが、コースレイアウトがやや低速に振ってられていたのでブレーキさえ見極めれば平均速度的にどなたでも楽しめるように成っていましたね(^^
20181216MTM-0720181216MTM-0620181216MTM-14
その難所的な場所はLCジャンプの着地点付近にあるウェーブとLC抜けすぐの下りスロープからゼロ枚着地でのコーナーセクション、まぁカットビ小僧だと無理かもしれませんが全員同じ速度レンジで走らせるので手に汗握るレースが展開されていました!
20181216MTM-0320181216MTM-0520181216MTM-12
自分も強豪勢と走らせましたよ、スピード負けしたけどw、しかし何故か決勝トーナメント表にMTMマツカワの名前が・・さすが俺!と思ったけど単なる店長さんのミスでしたw、って事で優勝はヨシキさん、2位にいつものみかんさん、3位は徳島のミエコさんでした、皆さんおめでとう御座いました(^^
20181216MTM-0920181216MTM-1020181216MTM-11
今回同じピットに居た方のマシンはノーマスダンのFM-Aバロンビエントでしたが、スピードレンジが決まっていて結構な速度でトーナメント進出してました、他にもミッドナイトパンプキンも綺麗に組まれていてミニ四駆を楽しんでいる感が出てましたね、こういうマシンでも活躍できるレースって良いなと初心を思い出しました、参加された皆さんお疲れ様でした。


でみなさん気になるハングアウト新店舗の情報ですが、一番の稼ぎ頭のドリラジコースは暫定ですが完成しました。
H-02H-03DSC_2261
もっとも組み上げに時間がかかるスケボーランプもほぼ完成して、現在ミニ四駆の常設コースエリアを組んでいます、その他にもフラット仕様のミニ四駆のコースや展示会用のエリアなんかも用意したいなと思っています。

そして全てが段取り通り進めば年内にプレオープンにこぎ着けるかと思いますので、その時はミニ四駆レースでも行いましょうか!、来週早々には(って年内来週・・w)ご案内できると思いますので宜しくおねがいします(^^


MTMマツカワです、12月9日(日)は師走の忙しい中ですが総勢34名のエントリーを頂きまして MTM-HOBBYとしてのファイナルミニ四駆レースを行いました(^^)
20181209MTM-01
コースレイアウトはファイナルに相応するように?、MTM-HOBBY定例レースでは過去最長の160mオーバーの長さで色んなセクションも設置して集大成的に仕上げてみました!
20181209MTM-1720181209MTM-2120181209MTM-16
立ちはだかる60度バンクは前回大会でも付けたので今回は比較的皆さんスムーズにクリアしていましたが、難所としては2段ドラゴンバックの着地とストレートからの高速上りスロープからのジャンプ、そして画像では殆ど確認できませんがそのスロープの下り区間に取り付けたナナメモヒカン、当日突貫で取り付けられたストレートでのロッキング(むしろ減速して良かった?)区間、MTMでは珍しい左回りのコースにさらに左回りのデジタルコーナー区間(右前ローラーで凄く減速します)などなど高速レイアウトっぽいけど速度が乗らないジレンマと戦うコースとなっていましたw
20181209MTM-2320181209MTM-0220181209MTM-03
そしてファイナルって銘打ってましたがいつものようにマッタリと進行していきます、練習走行開始から時間の都合でレース開始がいつもより少し遅くなりましたがジュニアクラス開始!、ミニ四駆の世界ではお父さん仕様のマシンを駆るワークスレーサーも居ますがw、それも含めてミニ四駆です、しかしMTMでは技術の差を少し埋めるべくレース開始からはジュニア専用ピットのみでのセッティングとしています、素人がF1マシンに乗っても実力を出しきれませんよね?、もちろんここにオヤジが割って入ってセットアップしてくれても構いませんが流石にそこまでするオヤジは居ませんね(オジイは居るけどw
20181209MTM-0420181209MTM-0520181209MTM-06
って事でジュニアクラスはいつも速いけど中々結果に繋がらなかったレオン君(徳島)が優勝!(画像が可愛くて萌える(マテ、2位はハルヒ君(愛媛)、3位はレコちゃん(徳島)とMTMレース大会の常連レーサー達が実力で上位を独占しました(^^
20181209MTM-3120181209MTM-2420181209MTM-08
ジュニアクラスの後は少しフリー走行を挟みます、画像では見えづらいですが3人づつ並ぶように(公式レースのスタート並びと同じ)して練習のキリ番をやりやすいようにしたのと、いつもはレース後にやってる抽選会(全員に何かが当たる!)をこの時間にやって時間短縮!、実は両方とも前週の兵庫MONSTAR大会でやってた方式のパクリですがやはり遠征して色々見てくると勉強になりますね。
20181209MTM-1020181209MTM-2820181209MTM-29
オープンクラスはジュニアも含めて全員参加でレースを行いました、4回行った一次予選ですが一次通過者の数を見誤ったので(ォィ、一次落ちは敗者復活戦の勝者を2次トーナメントに割り入れる事にしました、それと時間の都合で2ヒートと成ってしまったので決勝戦は2人で行ってもらいました(^^;
20181209MTM-3020181209MTM-1120181209MTM-13
そしてオープンクラス決勝は6周勝負で行われました!、1コース 徳島のKingなり選手、2コース 香川のタカクン選手、スタートから目を見張る速度でグングンとタカクン選手がリードを広げるも3周目くらいで本日一番の難所だった2段ドラゴンバックの着地でマシンを引っ掛けてしまいCO!、追ってたKingなり選手はそのまま6周見事走り抜けてゴーーール!、ジュニアクラスも息子さんのレオン君と共にMTMファイナルレースを親子で優勝となりました(^^、おめでとうございました。
20181209MTM-2620181209MTM-2720181209MTM-12
↑レース結果です、今回も皆さんの熱きバトルで運営していてもあっと言う間に時間が立ち大変楽しませてもらいました、オープンクラスマシンの記念撮影にはちゃっかりと自分のマシンも入れときました(ファイナルだしねw
20181209MTM-0720181209MTM-1420181209MTM-15
コースの撤収もいつも皆さんに行ってもらいまして大変助かってます、また最後にこれも参加者様に御用意して頂いた魅惑の景品のジャンケン大会!、いつも景品のご提供ありがとうございます、実は密かに毎回ここが一番シャウトする時間帯ですねw

という事でMTM-HOBBYとしてはここで一旦幕を閉じますが、ミニ四駆レースやイベントは今後も高松のハングアウトの方で続けていきます、またこちらのブログ「MTMミニ4ファクトリー」はホームページの時代から12年続いています(公開当時まだ生まれて居ないジュニア選手も大勢居ますねw)ので、ミニ四駆界の伝道師としてミニ四駆がこの世にある限り続けていきます!、と言う事でこれからも宜しくお願い致します(^^


お疲れ様です、MTMマツカワです。

先日のMTM-HOBBYファイナルの前の週に兵庫で開催されたMONSTAR大会の参戦レポートです。
20181202MTM-02
兵庫ではいつもお世話になっているMoPさんと色々と絡みのあるNEXT:STAGEさんがメインで主催された播州No.1決定戦に四国MTM勢からいつもの面子4人で行ってきました。
20181202MTM-0320181202MTM-0120181202MTM-08
実は単身赴任先から帰省して持っていくものだけ用意して爆眠してたら・・寝坊してほぼ置いてけぼり喰らいましたが、香川まで追いかけて何とか合流できまして無事に会場に辿り着けることができました(^^;、今回は事前エントリーで100名ものエントラントを数え周りはほとんど知らないレーサーばかり!、でもアットホームな感じでアウェイ感は無かったのが良いですね(^^
20181202MTM-0520181202MTM-1620181202MTM-06
今回ビールの人(SINOさん)は真面目に運営に徹してました?、自分のマシンは全く何もしてなかったのですがフリー走行終了までに時間が無かったので適当な電池を放り込んで望んだら思いっきり遅いのとブレーキガッツンであっという間に周回遅れに(パタ..、でも何やら主催の人とのサプライズ組み合わせだったので景品貰いました!、レース開始までに行われた抽選会でも絶版のダイナホークのキットが当たってもうこの辺りでお腹いっぱいでしたw
20181202MTM-0420181202MTM-0920181202MTM-10
レースの方はブレーキをリセッティングさせたら速度も乗ってくれて密かに1次予選は突破しましたが2次予選は小学生の女の子にチギられてスピード負け敗退・・、練習走行はほぼやって無かったのでマッハダッシュを試して無かったのが悔やまれる(後の祭りw、そして練習から2次予選までほとんど1周回もできてない我らがFCハヤト君がジュニアレースに参加できるってんで皆で寄って集って見たら「スラスト少なすぎるんじゃね?」って事で出走締め切り直前までフロントバンパーを何かしてました(^^;、ジュニアレースではセッティング変更が功を奏したのか中々の走りでしたが今一歩の所でコースアウト敗退、一緒に行ってた いましろ選手も同じ所で飛んでたな(ぅ、また、道中運転してくれた まるお選手はなんでもないスロープ下りでぶっ飛んでたと思う(^^;、我々まだまだ経験値が足りませんな・・(深
20181202MTM-0720181202MTM-1220181202MTM-14
って事で我々4名はここで終了、同じ四国から参戦していた高知の黒月さん御一行も成績は芳しくなかった模様(^^;、ミニ四駆界の層の厚さを感じ取れましたね、決勝トーナメントからは厳しい車検が行われていましてたまたま車検場所のすぐ横で観戦してたのでトーナメント進出マシンを間近で見られたのですがほとんど全車MSフレキ構造でしたが四国で流行ってるピボットやアンカーなどは付いておらず前後ともリジットバンパーでした、それでこのストップアンドゴーのコースを高速でクリアしてるので目からウロコでしたね。
20181202MTM-1520181202MTM-1320181202MTM-11
決勝戦では小学生の女の子が・・・って自分を2次予選でブッチ切って行ったあの子でした、ジュニアとは言え見るものを納得させるその驚愕の走りは本当に播州ナンバーワンと言える活躍でした、コトネちゃん優勝おめでとう御座いしまた(^^

それではMONSTAR大会に参加された皆さん、主催の方々の皆さん大変お疲れ様でした、また次回も機会がありましたら参加したいと思いますのでその時は宜しくお願いいたします!


このページのトップヘ