MTMミニ4ファクトリー

2018年10月

お世話になります、MTM-HOBBYのご案内です。
こちらの記事は最初に表示するように未来の日付に設定していますのでご了承下さい。


■ タミヤ公認 ミニ四駆ステーション
四国の片田舎ですがミニ四駆コースを常設しています、四国の県庁所在地からマイカーで高速道路経由にて概ね1時間圏内で来れる愛媛県四国中央市に在るお店です、駐車場が狭いので来店されたら駐車スペースをお聞き下さい。

重要なお知らせ
2年半に渡り運営してきましたMTM-HOBBYですが、2018年11月4日(日)のMTMミニ四駆レース大会以降は営業休止となります、ご愛玩頂いた皆様にはご迷惑をおかけしますが今後は高松の「ガレージ・ハングアウト」様にてレースなど続けていきますのでまたそちらにてお願い致します。



ミニ四駆レース・イベント情報
・ 11月4日(日) AM9:30~PM5:00 月例レース
・ 12月9日(日) AM9:30~PM5:00 月例レース (MTM-HOBBY最終戦)

  各レース方式などはこちらのリンクをご参照下さい。


店内は移転につき狭くなっておりますがパーツ物販や充電設備有り、充電器や飲食の持ち込みも構いません、またフリー走行やレース開催に加えて常時店内タイムアタックも行っています、ご利用料金は下記を御覧ください。


【 コース利用料金 】H28/3/5改正
● 小中学生 4時間(100円)
● 高校生 2時間(200円)、4時間(300円)
● 大人 2時間(300円)、4時間(500円)
● 未就学児は必ず保護者同伴でサポートされる親御さんの大人料金をお支払いください。

※ 空いている時は4時間超でもご利用できます。
※ フリー走行及びレース参加の時も終日同一料金です。
※ ミニ四駆キット、パーツなど多数販売しております。


【 営業時間 】
● AM10:00 ~ PM7:00
● PM7:00以降のコースご利用も、お電話頂ければ受け付けます。
● TEL / FAX (兼) 0896-25-3670
● 定休日 毎週水曜・・・ですがイベント遠征日以外はほぼ毎日営業しています。

※ レース開催日はフリー走行出来ない場合がありますので、宜しければレースにご参加下さい。



↑ 宜しければミニ四駆 ブログランキングUPにご協力下さい。

来る11月4日(日)はMTM-HOBBYの月例ミニ四駆レース大会です。
29815
今回はミニ四駆ステーションチャレンジROUND4としても開催しますので静岡で開催されるステチャン戦出場の認定チケットがゲットできる最後のチャンスとなります!

気になるコースレイアウトはこちらになります。
20181104コース
↑って事で久しぶりにガチムチ全開立体バトルが出来るようなレイアウトにしてみました、まぁ実際に走らせるまではどうなるか解りませんがw、今回は60度バンク対策とどうなるか読めない箇所として最終コーナー手前にセットする懐かしの?ウォッシュボードセクションでしょうか・・

■大会会場
・ MTM近隣の豊岡公民館3F大ホールになります。
 ※受付はMTMホビー店舗にてお願い致します。
 ※参加費 ジュニア100円、オープン500円 (MTM店内コースも利用可)
 ※会場の駐車スペースは東側の未舗装駐車場も含めて40台ほど使えます。

■タイムスケジュール
・ 9:30 MTM店舗にて受付開始 (12時ころ締切)
    ※9:00頃はコース搬入に付きお店に誰も居ないかも?

・10:00 コース設営が出来しだいフリー走行開始
    ※当日はスタッフが殆ど居ませんのでピットテーブル等は各自で出して下さい。

・12:30 予選タイムアタック開始
    ※クラス分けの為の予選です、予選落ちは有りません。

・14:00 ジュニアクラス開始 (参加人数によりオープンクラスへの参加も認めます)

・15:00 オープンクラス開始

・16:30 レースイベント終了

・16:50 片付け、表彰式、抽選会など行って解散

※基本的に決勝はバトルレースで行いますが参加人数により小変更する場合がございます。
※会場内は火気厳禁です、またゴミなどは全てお持ち帰り下さい。


当日の朝は地元スタッフが少ないので申し訳ありませんが来られた方はコース設営のお手伝いをお願い致します、コースが設営でき次第フリー走行可能となりますので宜しくお願い致します。

それでは今大会も皆さんのご参加をお待ちしております(^^


10/21(日)は超久しぶりに2日続けてのミニ四駆レース参戦!
20181021MTM-01
って事で前日のリンクス戦から香川のガレージハングアウトさんでのステチャン戦に参戦してきました。
20181021MTM-1420181021MTM-0320181021MTM-02
こちらのハングアウトさん、MTMホビーの立ち上げ時期(2年半前)と重なってレースの開催も日曜って事で中々MTMの休みと都合が着かず今まで行った事が無かったのですが、近々店舗も移転(今回は駐車場として使われた場所です)されるって事と他にも微妙に用事もあったので行ってきました(^^
20181021MTM-0820181021MTM-1620181021MTM-04
ハングアウトのレースはミニ四駆仲間の有志で行われており今回は25~6人の熱いミニ四駆レーサーが集まっておりました、でも殆どがいつも見る面子でしたがねw、3ヒート制(川之江方式)のバトルレースで第1ヒートはローチャリ(Dチャソ改名?)選手が勝ち上がり!
20181021MTM-0520181021MTM-0620181021MTM-07
第2ヒートは愛媛勢3人でのバトルでU-1選手が勝ち上がり、第3ヒートでは全員香川勢でにジュニアも1人居たのですが、TBのU-TA選手が勝ち上がりました、決勝ヒートは各ヒートで勝ち上がった3名でのバトルです、もう走行音が「ビシュ!」「バシッ」「ドン!」っていう擬音で語れるような異次元の速度で走ってました、そんな中での決勝ヒートの優勝はスタッフ兼任のローチャリ選手となりました、2位は少しコーナーで引っ掛けて出遅れたU-1選手、3位は無念のLCジャンプ飛びすぎでCOとなったU-TA選手でした、皆さん入賞おめでとう御座いました(^^
20181021MTM-1720181021MTM-1320181021MTM-12
レース後はお楽しみのジャンケン大会が行われました、自分はずっとグーを出していたんだけどジャンケン主のケイ選手は1回もチョキを出してくれずオール1回戦負けでした(爆
20181021MTM-0920181021MTM-1020181021MTM-11
最後は身内ドベ決定戦!、見事ドベ優勝は一度も1回戦突破成らずと成った哀愁漂うイヲシカワ選手でした・・(爆

今回の遠征は道中イヲシカワ選手の運転でしたが、帰りはどっかラーメン屋を探して罰ゲームでおごってもらおう・・(マテ
20181021MTM-20
って事で「ごぞうらぁめん 鶴市店」って所に入りました、太麺でめっさ食べごたえありましたね、今回は無事に2日間の連チャンでステチャン戦に参加となりましたが我々グループはチケットハンターには成れないなと思わせる雰囲気でしたw、しかし遠征ミニ四駆の楽しさは再認識しました(^^

それでは今回も遊んで下さった皆さんお疲れ様でした、また近々お会いしましょう!!


10/20(土)は当方久しぶりのリンクスさんのミニ四駆大会に参加してきました!
20181020MTM-07
コースレイアウトはいつもの3階建てオーバルコースです、なかなか攻略するのが難しいのですが今回はどうかな?
20181020MTM-0320181020MTM-01
お昼すぎにお店に伺うと香川のDチャリさんとTKCさんという猛者2人ががが!、張り詰める空気と緊張感・・・はあんまり無くてまったりと時間が進みますw、自分のマシンは殆どJC公式戦のままだけどオーバル用のLC対策を右フロントに徹してみました。
20181020MTM-1320181020MTM-12
3階建ての一番下にLCセクションがありますが、スロープからの着地地点にあるウェーブも曲者(クセモノ)でここも攻略する要となります。
20181020MTM-1020181020MTM-04
レースはタイムアタックの5ヒート制で各ヒートでポイントが付くので、コースアウトせずに着実に完走させるのも一つの狙いですが・・・参加している面子が面子なので手を抜くことも出来ず(^^;
20181020MTM-0520181020MTM-11
と言うことで練習走行から凄いタイムを連発していたTKC選手は残念ながら2COで3位に、5ヒートのポイントトップは初めてのリンクスにレース15分前に来て5回とも完走して高得点を叩き出した ゆう選手がステチャン戦のチケットもGETして優勝となりました、ちなみに2位は地元のあんどー選手となりました。
20181020MTM-0920181020MTM-14

ジュニアクラスとオープンクラスのタイム票です、一発タイムはTKC選手とDチャリ選手が圧倒的なタイムを叩き出していますね、走りの方も安定していたので見た目はそれほど速く感じないのですが上面のウェーブも軽く飛び越すセッティングでタイムを縮めていました。

ポイント的には完走率が悪かったので順位は下の方ですが、タイム的には自分が3番手、MTM常連のイヲシカワ選手が4番手を記録したのでそこだけで満足することにしましたw

明日 10/21(日)は早朝から地元の祭りに参加しますが、昼前には抜け出して香川のハングアウトさんのステチャン戦に参加する予定です、それではまた皆さんよろしくお願い致します(^^


うーむ・・・痛車ってなんか心にグッと来ますね・・(マテ
20181017MTM-23
と言う事でコンデレまつり用のブリファン(謎)が大層な賞を取ってしまったために急遽作った痛車ボディの製作工程を紹介します、まぁ初めての痛車制作なのでちょっとググってみたところ(何でも聞く前に調べよう!)、RC関係などでは色々と作り方がネットに出回ってますが、ミニ四駆用に一番具体的に解った(読み取れた)ツイッターで紹介されていた制作方法を導入しました(どたなの記事だったか見つからないので元ネタが紹介できません・・ゴメンナサイ)

※ツイッターの記事主はトニーさんでした、参考になりました(^^
20181017MTM-1820181017MTM-21
用紙はそのツイッター記事で紹介されていたA-Oneの伸びるラベル透明ハガキサイズ(品番29296)です、ネットでそれっぽい画像をGETして(版権に問題あるならご連絡下さい)サクっと加工、この辺り少しだけ画像加工のスキルが必要ですが今回は全部フリーソフトで仕上げました、そして難易度が高いと言われる?ボディの裏から貼り付ける「裏張り」って方法で行いますが、画像自体は左右反転や位置調整はA-Oneが無料で公開しているラベル屋さんってソフトで簡単にできました。
20181017MTM-0120181017MTM-02
他にもロゴとか作って余った余白に配置して、裏から貼るので左右反転させたデータを手持ちのインクジェットプリンターで出力しました、インクジェットは通常水に濡らすと滲んでしまうのでそこは注意します、キャラクターの余白を出来るだけ切り取りたいのですが用紙フィルムが思ったより分厚くてシャープに切り出すのは難しい・・、時間も無いのでちょっと妥協しましたw
20181017MTM-0320181017MTM-05
今回はライキリのクリアボディに貼り付ける事にしました、フィルムの伸び具合など確認するため手始めにルーフの部分の「アズー○レーン」のロゴの部分で練習してみましたが少しズレが気になったので一回剥がして貼り直しました・・透明度が少し下がった(汗、まぁ気を取り直して「綾○改2」のキャラクター部分を貼ると奇跡的に一発で良い位置に貼れたw、でもヘッドライト部分からコーナーに当たる部分はいくら伸びるフィルムとはいえ超絶難しかったです・・ですが何とか あんよ(脚)が綺麗に見えるように貼れました。

普通のプリンターを使っているので「ホワイト」という顔料は無いので裏打ちしないと半透明状態になってますので、ボディ色を塗らない顔の部分などは裏から100均のペイントマーカーの白で色を乗せていきます、この時プリンターのインクと相性が悪かったら色が滲むかもしれませんので事前にチェックしておきましょう。
20181017MTM-0620181017MTM-07
という事で可愛くクッキリと絵が浮き出てきたので窓の部分などはマスキングします、裏打ちにホワイト以外のカラーに塗るには別のテクニックが必要なので今回のボディは手っ取り早くホワイトにしました、あっポリカには専用のポリカーボネート用のスプレーを塗らないと後々悲惨なことになるのでご注意を!
20181017MTM-0820181017MTM-09
ライキリのポリカボディはホイールアーチがカットされていないのでアーチに沿ってデザインナイフで少し切り込みを入れてあとはハサミで扇状にカットしてそこを折り取るようにすると綺麗にアールが切り取れますよ、ホーイルアーチ以外にも自分は30年以上前からポリカボディはこうやって切り出していますが(オッサン・・
20181017MTM-1020181017MTM-11
ここまで来たら膜を剥がします・・膜を・・・、シャーシの方はノーマルマシンアタックでフロントバンパーがお亡くなりになったMAを流用します、シャコタンにするためにモーターライズではなくPOM軸も外して固定となっとります(爆
20181017MTM-1220181017MTM-13
フロントタイヤはキャンバーを付けるためにシャフト曲げてます(ぉぃ、それだけでは見た目の接地感が減るのでタイヤをグラインターで削ってペタ!って地面に接地するようにしてみました(もう完全に走らせられない・・)
20181017MTM-1720181017MTM-14
↑シャコタン度はこのくらいでシャーシとの固定はリアのターボエンドのみです(フロントはオミット・・)、それから仕上げにジャンクステッカーでステッカーチューンしてみました、塗装が適当でもステッカーチューンで色々ごまかせるので余ったステッカーとかはストックしておくと良いですねw
20181017MTM-1920181017MTM-20
という事で苦節20時間ほどかけて完成したコンデレまつり用のこちらのマシンです、投票最終日の前日にUPしましたが中々好評?で4位の得票数が集まりました!、今回はミニ四駆って事と実際の車体サイズからフロントガラスの部分にもキャラクターを配置して大きく見せるようにしましたが、確かに車としては違和感があるかもしれないので次回作る時はちょっと配置を考えてみよう・・

またプリントステッカーで何も痛車にしなくても好きなステッカーやデザインシートも作れるので、これを機会に何か違った使い方が出来れば良いですね、なんか良いので来たら紹介してくださいね、それでは!


このページのトップヘ