MTMミニ4ファクトリー

愛媛のミニ四駆サーキット常設店
MTM-HOBBY 公式ブログ
愛媛県四国中央市豊岡町豊田27-4
定休日 毎週水曜 営業時間10:00~19:00

2018年08月

先日ミニ四駆じゃなくて高校生向けのロボットコンテスト WROジャパン の中四国予選会って言うのを見学に行ってきました。
DSC_992220180825MTM-01

ロボットと言えば僕と同世代の大きなお友だちは幼少の頃からロボットアニメに洗脳されてると思うけど、自分は青春期はバイクレースに命をかけていた(本当に何度も死にそうに成った)ので実際のロボットは手付かず・・15年くらい前にKO(ラジコン界だとプロポで有名)からKHRという二足歩行ロボットが発売されてめちゃくちゃ買うかどうか悩んだんだけどバイク改造用(本当は超大型制作用・・w)に卓上旋盤を買って予算不足に(汗
20180825MTM-15
最新版 KHR-3HV


その後に生まれたウチの長女もはや中学生に、なにやらプログラムやロボット制御に興味があるって事で地元の特別なプランの中学に進学して今年からその中学でやっているプログラミング教育(2020年から一般中学でも必修化予定)の一貫で教育用レゴブロックのマインドストームってコントロールユニットを使うレゴで組み立てたロボットを動かすサークルに入りました。
20180825MTM-0620180825MTM-16
その第一弾として高校生対象のWROジャパンのロボコンに中学、一般の部となるエキシビジョンクラスに自分たちで作ったロボットの競技会に参加って流れでした。

WROのロボコンは高専や大学でやってるロボコンと違って「完全自立制御式」って事で操縦は出来ません、どんな方式の競技かは実は当日やってるの見るまで知らなかった(調べてなかった)んだけど、中学、高校生レベルでのロボットの動かし方を見ていると、ミニ四駆風に言うと「完全予測!」して用意されたマップ内を上手く動かして最短でクリアするって流れでした。
20180825MTM-0420180825MTM-03
もちろんカメラや接触センサーなどもロボットらしくいろいろ付いていますが、使いこなしているのは一部のチームだけのようでまだまだ伸びしろのある分野だなと感じました。


で、今回は何が言いたいかと言うとこれらの動作プログラムはミニ四駆に通じるものが有るという事です、ミニ四駆はスイッチオンで自立して走って難セクションをクリアしつつ最短でゴールするって流れですが、この難セクションをクリアするって言うのは自立制御式ロボットも同じで試行錯誤をする部分ですね、ミニ四駆にこれら各種センサーを取り付けたら今のミニ四駆ユーザーなら恐るべきレベルの自動制御が可能でしょうね。
20180829MTM-0220180829MTM-01
※ 重さやセンサーの反応速度はここでは考慮していません、あくまで概念です。


という事で今ミニ四駆をやってる特にジュニアレーサーの子達なんかは将来自動制御の分野に一歩リード出来る素質がありますよ、今は自動車もAI自動運転になりつつあるし産業機械の分野や人が行けない宇宙や深海などの制御ロボットにも通じると思います。
20180825MTM-0920180825MTM-10
完全自立制御のロボレーサー

レゴブロックのマインドストームならプログムもツクール系のゲームと同じようなソフトウェアもありますし本格的に各種PC言語でもコントロール出来るようです、って事でそんな世界も有るんだなと未来を見つつミニ四駆ライフをエンジョイしてくれたら良いですね(^^



↑ 宜しければミニ四駆 ブログランキングUPにご協力下さい。

とうとう夏休みも最後の週に突入しました、ここを見ている子達は恐らく宿題なんかは出来てないんだろうけどw 最終日の9月2日(日)はMTM月例ミニ四駆レース大会を開催致します!
2018ROUND3コースJPG
コースレイアウトは上記の予定です、自分も初めての体験の3連続ドラゴンバックをどう攻略するかが最大のチャレンジでしょうか?、他にも曲者(クセモノ)セクション盛りだくさんなのであまり尖ったセッティングのマシンは上手く走らない予定・・w
20180827MTM-06
今回のレースはミニ四駆ステーションチャレンジROUND3としても開催となりますので、ジュニアクラス及びオープンクラスの該当者に参加チケットをお渡しします、このチケットは静岡で行われる本大会にMTMホビー代表として行ける人を優先しますので宜しくお願いします(^^


■ エントリー費
レース当日にMTMホビーの店内コース使用料をお支払いください、それをもってエントリー受理致します(もちろん店内コースを走らせてもOK!)
 ※ オープンクラス 500円
 ※ ジュニアクラス 100円

■ タイムスケジュール
 9:00~ MTMホビーにて受付開始、会場に移動してコース及びピット設営お願いします。
 ※ レース会場はMTM近隣の豊岡公民館3階大ホールとなります。
10:00頃 ピット、コース設営出来次第フリー走行開始となります。
12:30~ 予選タイムアタックよりレース開始します。
 ※ 予選落ちはありません。
 ※ レース方式は予選アタックによりクラス分けしたトーナメントバトルです。
 ※ 予選タイムアタック、ジュニアクラス、オープンクラスの順でレース進行致します。
 ※ 全参加人数が概ね30名以上の場合、ジュニアクラスの方はオープンクラスに参加できません。
 ※ ジュニアクラス、オープンクラスとも決勝戦は6周回バトルとなります。
16:30頃 レース終了、ピット及びコースの片付けをお願いします。
17:00頃 表彰式、抽選会
17:30 イベント終了解散

レース当日は徳島方面から多数の参加表明を頂いております、レーサー諸君の交流も含めて賑やかに出来ると良いですね(^^


それとまた下記案内のミニ四駆コンデレまつり2018の受付も9月1日(土)から開始しとなります。
20180827MTM-01
こちらのコンデレ用ミニ四駆もレース当日もお持ち下さっても構いませんので、是非タミヤのミニ四駆を盛り上げるのに一役買ってくださいね(^^



店内タイムアタックは小康状態が続いていてあまり動きは無いのですが、ノーマルで いましろ選手が、そしてKIDSクラスでペペ選手がジャンプアップしています。
20180827MTM-0520180827MTM-04
こちらの店内タイムアタックも今週いっぱいとなっていますので、まだタイムが残ってない方は是非アタックお願いしますね(^^
20180827MTM-0220180827MTM-03
ちなみに9月からの新しいレイアウトは立体LC付きのフラットコースとなります、立体LCなのでLC対策を徹したマシンが必要ですので、そちらもご予定お願いします!!


それでは週末のMTMミニ四駆レース大会も皆さん奮ってご参加ください(^^


台風20号は直撃!かと思われましたが、少し雨が降った程度でこちらでは全く被害がありませんでしたね(^^;、夏休みも終盤に入ってきてジュニアたちは宿題出来てるかな?、もっともブームの終焉に近づいて来たのかこの夏休みにMTMホビーにミニ四駆走らせに来る子はほぼ皆無だったんですが(爆

ですが夏休みといえば自由研究と工作提出ですよ、って事で夏休み最後の宿題は「ミニ四駆コンデレまつり2018」用のミニ四駆の提出をお願いします!

20180824MTM-06

まぁ別にジュニアじゃなくても良いのでw、MTMでの受付は9月1日(土)~9月9日(日)の約1周間とします、受付順に写真を撮影してツイッターに作品を掲載していきたいと思います、またそのツイッターのリプライ数も審査の基準にする予定なので早めに受付したほうが良いかも?

※9月9日(日)は当方留守にしているのでバイトお姉さんがいる時間しか受け付けできません(汗
※9月15日、16日も当方お店に居ないかもしれないので作品の返却には時間の余裕を・・

■エントリー時のご注意
 ・エントリー台数は一人3台まで
 ・ミニ四駆と分かる範囲で改造してください。
 ・他社パーツ、玩具などの流用も許可します。

20180824MTM-0320180824MTM-0420180824MTM-05
ポスターの他にパンフレットもありますので欲しい人に差し上げます、そのパンフレットの裏面がコンデレのエントリーシートにもなっています、また遠方からコンデレに参加される人ははエントリーシートはタミヤのホームページからもダウンロード出来ますので予め記入して持ってきて下さっも構いません。

参加賞の記念ステッカー、そしてタミヤから専用の賞状や記念品もご用意して頂いていますのでコンデレに命を掛ける人は是非この機会に狙いましょう!・・・とは言いいますが 実際にはMTMホビーのコンデレは数が集まらないと思う(穴場です!)ので丁寧に作ったノーマルマシンとかも評価が集まる かもしれませんよ!、選考基準は具体的にはまだ未定ですが成り行きで宜しくおねがいしますw


それと店内タイムアタックもROUND.8 はあと1週間ほどと成ってきました。
20180824MTM-0120180824MTM-02
客足が昨年の半分以下に落ちているので(^^; オープンクラスのボードは半分白いですね・・今ならご自分のタイムを晒せますよw、もっともそこからどのくらい伸びるか?、競技なのでタイム云々より伸びしろが評価される世界なので皆さん頑張って下さいね!

それと8月26日(日)はウチの娘が松山でロボットコンテストに参加するのを応援に行くため臨時休業しております、というかレース開催、参加などで9月以降の日曜は臨時休業が連発しますのでご注意下さい、それでは~!


毎年お盆といっても休みは無かったんですがミニ四駆ブームの縮小とともに今年は妙に暇なので(^^; 新たなレーサー諸君と交流するために?、2018年のお盆は徳島のwacupに参戦してきました!
20180814MTM-01
今回の会場は空港や自衛隊などの広大な敷地に隣接された「月見ヶ丘海浜公園」の施設で開催されました。
20180814MTM-0220180814MTM-0320180814MTM-04
会場に入るとすでに50名以上のエントラントが集まっていて朝から熱気ムンムンですw、コースは渦潮チェンジャーなるクルクルと目が回るセクションがあって面白いレイアウトでしたね、それと着地一枚の上りスロープがキバを剥いていました、ただモヒカンセクションが2箇所もあったんだけど、そこは皆さん対策してきたのか比較的スルーだったような?
20180814MTM-0620180814MTM-1720180814MTM-05
参加費がミニ四駆キット相当ということで全く営利目的は無く一般的印象で好感が持てますね(^^、そして練習走行が始まると人数も多いので長蛇の列ががが!、今回は予選出走も合計9回となりましてレースが始まってもこの長蛇の列が切れることは有りませんでしたw
20180814MTM-2220180814MTM-1420180814MTM-13
今回持ち込んだマシンは今年に入って初制作の立体マシン!、MAシャーシに自身初のフロントピボットとリアアンカーを搭載したギミック車です、MTM店内のコースを走らせたら自己ベストのタイムが出たのでちょっと一安心となりましたw、それと愛知から参戦されてきた「スー」さんから密輸入してもらった「StillRunning 01」も無事GET!、内容は世界のダラヤマのリザルトの所が際立っていましたw、こちらの本はMTMホビーでもお取り寄せ出来ますので欲しい方は1部1500円でお分けしますので必要な人はご連絡ください。
20180814MTM-1220180814MTM-1520180814MTM-16
そして午後からの残りの予選も次々と進んでいきます、wacup独自のポイント制もここから若干取得ポイントも変わっているので完走しないと上位には進めません・・って所で2回COをかましてしまいました(^^;;
20180814MTM-2120180814MTM-1820180814MTM-19
身内と知人のスタート画像です、組み合わせはランダムなんだけどどこと当たっても強豪ぞろいでドキドキしましたね、参加して絡んで頂いたみなさん有り難うございました(^^
20180814MTM-0920180814MTM-0720180814MTM-10
って事で身内のポイント集計では全員決勝トーナメントには進出できず・・、まぁ勝負にはこだわっていない雰囲気組なのでそれにしてはまずまずの成績だったかとw、それと今回の優勝決定戦は見どころ有る組み合わせで盛り上がりましたね、優勝は予選から全戦全勝のTKC選手、僅差で2位のU-TA選手、3位は毎回居るので地元の人かと思っていたら実は広島から参戦(ぉぉ のマコト選手でした。
20180814MTM-1120180814MTM-0820180814MTM-20
会場の月見ヶ丘海浜公園では軽食も食べれるのでとても環境いいですね!、それとツイッター等で良く見る有名チームのコラボレースの案内もありました、最後に徳島に行くと何故か必ず寄ってしまう「奥屋」さんの徳島ラーメンを食って帰路につきました、という事で今回もいろいろなレーサー達に会えて楽しかったです、レース主催のwakaさんはじめ関係者の皆さん大変お疲れ様でした!


MTMホビーの店内常設コースを8月度ROUND8としてレイアウト変更しました。
20180805MTMコース
今回のコースレイアウトは上記でMTMホビーでは珍しくドラゴンバックセクションを設けています、DBが付くとノーブレーキと成るノーマルマシンの完走率が心配されますが、着地に20度バンクがあるので案外走らせやすく成っています。


そしてその前に7月度ROUND7の最終リザルトです。
20180809MTM-0520180809MTM-06
3クラスともトップは割れましたが下半期ランキング、年間ランキングを掻き回すリザルトになったでしょうか?、MTMホビーでは店内コースで年間ランキングも選出していますので是非アタックして下さいね(^^


そして8月度の新しいコースは先に開催した8月のMTM月例レースの後に残った皆さんで一気に組み替えました(自分はへばってたので殆ど見てただけw)
20180809MTM-0820180809MTM-1120180809MTM-04
今回のレイアウトでのKIDSカーとノーマルマシンのタイヤハンディキャップも該当者の方はご確認ください。
20180809MTM-0220180809MTM-0120180809MTM-03
本日までのところオープンクラスとKIDSカークラスは山ガッター選手が無双しています、毎月のことですが序盤は山ガッター選手がバーンっていいタイムを叩き出しますね、ノーマルマシンは急遽中古パーツで組まれたタイガ選手が中々のタイムを出しております、このあたりこの2~3日見ていたらもう少しはタイムが縮まりそうですね。
20180809MTM-0720180809MTM-0920180809MTM-10
良いタイムを残してほくそむ山ガッター選手・・ただし毎度ことながらここからまくられますw、リザルトは現在の所のベストタイム一覧です、今は夏休み中なので小中学生にはもっと走らせてもらいたいですね、コースレイアウトもスロープ+バンクと立体コースの基本的なセッティングが学べると思います。

それでは8月度のタイムアタック期間は8月5日(日)~9月1日(土)までを予定していますので皆さんよろしくお願い致します(^^


※ 下記は9月発売の新製品一覧表です。
※ 当店で購入希望の方は8月15日(水)までにご予約下さいね!
MTM-TAMIYA201809


このページのトップヘ