MTMミニ4ファクトリー

香川高松 ガレージ・ハングアウト店長ブログ

2016年01月

新年最初のプチ遠征は今治ミニ四駆クラブのウインタートライアルに参加してきました。
20160102I-0320160102I-0220160102I-06
今治ミニ四駆の聖地!、今治模型に隣接する駐車上での開催のレースには初参加(いつもは近くの公民館の時に参加してましたので)でしたがこのお正月は暖かくて屋外レースも健康的で良かったですね。
20160102I-0420160102I-0520160102I-07
参加している面子の80%がつい36時間ほど前に新居浜のジョリーハダの大晦日レースに参加していたメンバーでしたw、コースの状態は屋外レース特有の起伏にに飛んだ設営で少し繋がりが悪いけどレースをするには中々高バランスなレイアウトでした。
20160102I-0820160102I-0920160102I-01
自分は1次予選、敗者復活ともリードするもコースアウト、再レースからは流れが悪くて両レースとも一番にコースアウトで終了でした(^^;、決勝は王者ラムパパを迎え撃つ若手2人・・・しかし王者の前に無念の敗退でラムパパ見事優勝でした、しかしタカ君いつも良いところまで来るけど勝てないのはやはり立ちはだかる壁が厚いのか・・・スピードは負けていないので今年ブレークするかな?、頑張れ(^^

それとノーマルクラスは今回の一番の難所となってる最初のストレート後半に有るドラゴンバックで飛び出さない電池圧の見極めが勝負どころでしたでしょうか、自分は2回戦に勝ち進んだけど違う所のドラゴンバックでひっくり返って終了でした(^^;

あと今治模型のノーマルクラスはMTMノーマルレギュレーションに則ると聞いていたんだけど、店長からまったが入って「キットに入っている物だけで組み立てて下さい」との事、なので同一形状や色違いのパーツも基本的に流用不可だそうです、今度から注意してマシン用意しますね(^^;

と言うことで正月早々いつもの面子もご挨拶出来たので明日は松山の富士教材のレースに参加かな・・いや現在家族に交渉中なので現れなかったらごめんなさいw



↑ 宜しければミニ四駆 ブログランキングUPにご協力下さい。

年末年始は興奮冷めやらぬジョリハダGPの後に行われた年越ミッドナイト耐久レースが開催となりました!
20151231J-2020151231J-2220151231J-19
予定より大幅に時間が遅れてしまったので参加メンバーはジョリハダ親衛隊のジュニアの子達(遅い時間ですが後で家族の方がお迎えに来てくれます)と運営の伊賀沢メンバー、それに自分の合計12名と成りましたので4組に分けての合計15分耐久レースと成りました。

耐久レースと言う事でコースはレーンチェンジを3箇所にして同じレーンをグルグル走れるようにし、難易度を下げるために小ジャンプの撤去と立体交差の所のLCに雑誌でフタをしました、あんまりコースアウト激しいレイアウトだとプラローラー限定のKIDSカーはローラー破損とかでまともに走らせられなく成りますからね(^^;
20151231J-2520151231J-2320151231J-24
レースは3人1組で1セット2本のみの支給アルカリ電池を使って各レーンを5分づつ走らせて周回計測します、今回は100均に売ってる手動のカウンターを使って周回測りましたが計測係とコースアウトからマシンを拾う係と再スタートさせる係と3人で役割分担出来て丁度良いチーム戦が出来ましたね。

除夜の鐘がなる直前に1組目のA組、B組の第1走者がスタートし、5分間走らせて1メートルくらいしか差のない同一周回数でゴール!、なんか拮抗した戦いで凄いなと思ったら2組目のC組、D組では我らがタオル総長が2度のコースアウトでやらかしましたw、さらに自分が周回カウントしていたんだけど少しテンパッてもしかしたらカウントミスがあったのか5周も差が開いてました(^^;

3組目はB組が少し周回を伸ばしましたが、4組目はC組の天さんが周回を伸ばすことが出来ず、対抗のD組の自分が最多周回数を稼ぎ逆転w、そして最後の5組目、6組目ではC組のカチューシャ号が電池切れで周回できずに終了となりましたw

これで年越耐久レースは終わりで早く帰って寝ようと思ったんだけどw 支給電池の性能にバラつきがあってハズレだったのではとC組からクレームがww、時間的にジョリーの店長に許可を取ってさっきのレースは練習って事で仕切り直しで再レースを行うことに成りました(^^;;
20151231J-1520151231J-1820151231J-28
なお年が明けて1月1日は店長の38回目+アルファの誕生日って事で皆でお祝いしました、なかなかの福男さんですねw、と言うことで仕切り直しのレースまでに各チーム対策と傾向・・・なにやらモーターの慣らし方についてや駆動系のグリスについて眉唾な情報が飛び交いつつw 各自メンテしてスタート!

1セットのみの支給電池が元気の良い第1走者は周回を伸ばせるので今度は自分がさらに周回を伸ばしてやろうとスタートさせたら数周はブッチギリの速度で走っていたんだけど2連続LCの支柱にぶつかって「ガン!」っていう音とともにやや失速・・・、途中でピットインさせてスラストやらホイールのクリアランスを変えたんだけど元の速度には戻らない・・(うぅん

周回的にはまだ挽回できるくらいで終わったけど、後でチェックしたらローラー取付けビスが曲がってローラーロックしてましたw、ローラー回ってなくてもこの周回数・・・恐るべし10年の歴史をもつKIDSカーやな・・・
20151231J-3020151231J-2620151231J-27
で結果はやはり3組目の出走の頃には支給電池がタレちゃって全チーム最後は止まるくらいになってましたw、マシンを速くする方向性が分かったのでその分バッテリーの消費も多くなったようです、ちなみにモーターの慣らしで1技使ったY作さんは4周で終了でしたw、5分間×3回の合計15分間耐久レースですがモーターやマシンの特性の奥の深さを感じたレースとなりましたね、また機会があれば耐久レースやりましょう(^^)

最後に・・再レースで入賞圏内から脱落したB組を労って第1レースと第2レースの合計周回数で順位を付けてみました、遅くまで参加してくれた皆さん今年はこの順位からの出発って事で宜しくお願いしますw

1位 122周 + 117周 = 239周 D組 (タオル、モキチ、MTMマツカワ)
2位 116周 + 107周 = 223周 A組 (ハルマキ、オギー、レキ)
3位 121周 + 86周 = 207周 B組 (ササ、ショーヤ、Y作)
4位 78周 + 116周 = 194周 C組 (カチューシャ、天、イッキ)

以上がミッドナイト耐久結果です、それと新年早々遅くまでお付き合いして頂いたジョリハダ店長さん、本当にありがとうございました。


そして今回のマシンレギュレーションのKIDSカーの紹介 (ボティは少しだけシール貼ってますw)
20151231J-3120151231J-3220151231J-33
基本レギュレーションを制定してもう10年にもなりました、当時はまだフラットレース全盛でしたので速度を追求するように組まれています、ちなみにノーマルモーターで走らせてもJCJCで4秒を切る速度が出てました(当時

今後は立体レースにも対応させる為にブレーキなどにも注目して行きたいですが、行き過ぎた改造を抑制するために改造はシャーシ、ボディ、ホイール(主にスッポ抜け防止の貫通の為)以外は未加工ボルトオンでの取付けに限るとしています(ブレーキスポンジも未加工に限る!)。

今は10年前と違って様々なグレードアップパーツが発売されているので何を上手く取り付けるか頭を捻るのも良いですね、あとKISDカーに対応したコースレイアウトを考えて運営側も無茶なレイアウトを抑制して初心者からエキスパートまで楽しめるレースを行えると良いですね(^^

それでは新年早々のレースでしたが、今年もミニ四駆がまだまだ盛り上がる予感がしますので皆さん宜しくお願い致します!


皆さんあけましておめでとうございます、昨今のミニ四駆ブームのおかげで恐らく全国で競技人口だけで10万人以上は居ると思われますが、今年もミニ四駆が盛り上がりますよう宜しくお願いします。
20151231J-0120151231J-1420151231J-0320151231J-02
2015年の締めくくりのレースは12月31日に地元ジョリーハダでのウインタートライアル戦でした、大晦日と言うことで夕方からのレース開始と成りましたが予想をはるかに上回る参加人数でジュニアクラス30名、オープンクラス41名を数え過去最大の70名を超えるエントリーとなりました。
20151231J-0420151231J-0520151231J-0620151231J-07
その為ジョリーハダのカードコーナーも全部占拠してのピットエリア(^^;、ジュニアクラスの参加も多くてレース後の抽選会もごった返しでしたw、でもミニ四駆ってやっぱり子供が車のメカを弄って走らせるのが本来の目的なのでジュニアの参加が多いと将来有望なのも何人も見れて頼もしいですね!
20151231J-1020151231J-1120151231J-0920151231J-08
今回のコースはダッシュモーター全開で行くイケイケレイアウトでした、そしてノーマルクラスは時間の関係でジュニアは2アタック、大人は1アタックのみで進めましたが、なんとS2シャーシのマーライオンミニ四駆を駆るライオンさんが基本性能に優るMA、ARシャーシ勢にスピード勝ちしていました、恐るべしマーライオン!(ソコw
20151231J-1320151231J-1220151231J-1620151231J-17
オープンクラスはもうね・・・混沌としたカオス状態で時間も押しているのに3ヒートにしたので運営の伊賀沢グループも結構イッパイイッパイでやってましたが、なんとかPM10:30頃に(汗)レースを無事に終了させる事ができました、今回も高松、松山などから来て頂いた皆さんには時間が遅くなり大変申し訳ありませんでしたが、この大晦日にジョリーハダまで遠征されて来た方々は十分変態ミニ四駆マニアですね、今後も各地で暴れまわって下さい。

と言うことで新年早々からもタミヤ公式ニューイヤーグランプリをはじめ色々な所でミニ四駆のレースが予定されていますが、またどこかでお会い出来ましたらお手柔らかに宜しくお願い致します(^^)

このページのトップヘ