MTMミニ4ファクトリー

愛媛のミニ四駆サーキット常設店
MTM-HOBBY 公式ブログ
愛媛県四国中央市中曽根町372-1
TEL / FAX 0896-24-2850
定休日 毎週水曜 営業時間10:00~19:00

2015年06月

6月28日(日)は今年もはじまったミニ四駆の祭典!ジャパンカップ2015の関西圏での初戦となる大阪大会1に参戦してきました。
20150628-T0120150628-T0220150628-T03
今回はDJオカダさんとうちの長男のタイガ君と自分との3人で朝4時出発!、昨年より早めに会場に着いたのにエントリー番号は997番・・京セラドームの最上階のスカイホールへ伸びるエスカレーターの上まで蛇行しながらずっと列が伸びてます!、なんとか会場に入れたけど今度はピットスペースが全く無い・・タミヤさんもう少し考えましょうw
20150628-T0420150628-T0520150628-T06
エントリー番号が午後からの予選となったので久しぶりに物販に並んでみました、1時間以上並んでお目当ての限定カーボンをGET!、今回からエントリーシール1枚につき1点と言う事だったので、もしかしたら並ばなくても売り切れなかったかも?(^^;
20150628-T0720150628-T0820150628-T09
我々は植木の影になんとかピットを取ったので午後までマシンメンテ、密かに小一時間ほどメンテしたんだけどこんなに時間取ってメンテしたのは何ヶ月ぶりだろう・・周りの皆さんとは本気度が違いますね(^^;、それからミニ四駆界の知人友人ともご挨拶しつつ、いつものタカマツベース御一行さんらにもご挨拶して午後のレースに挑みます。
20150628-T1020150628-T1120150628-T12
午後の一番バッターにウチの長男のタイガ君が車検に向かう!、何事も一番っすね・・というのも1レーンからスタート出来るので一番生き残りやすいかと思ったけど2周目のプラウドマウンテン着地でひっくり返って終了・・・、その後DJオカダさんも1レーンスタートで幸先良いか・・と思ったらスタート直後のプラウドマウンテン着地で45度バンクに捕まって(セミになって)終了・・・スタート1秒で本日終了ですな!(爆
20150628-T1320150628-T1420150628-T15
そして自分の出走も余裕かまして車検の列からコースの写真とか撮ってて気がついたけどコース綺麗になってますよね?、新規コースを大量に入れたのかな、スタートの所も綺麗になってる、そして自分も幸運の1レーンスタート!、3台並んで1周回ってきてプラウドマウンテン着地・・・で少しバランスを崩してセミになって終了(ぉぃ、幸運の1レーンスタートは魔の1レーンに感じた一瞬でしたw、3人揃って合計出走タイムが15秒くらいかな・・愛媛から参加でお疲れ様でした(^^;
20150628-T1620150628-T172015JC-0628-J
本当は午前中の1次予選で負けて帰る予定だったのですが、まぁ午後1番で帰ることになりました、外では三代目ジェイナンタラカンタラのイベントもあって若いギャルが3万人くらい居て眩しかった・・ちなみにミニ四駆のスカイホールでは2000人以上のオッサンが詰め込まれていて(以下略w

少し天気も心配していたんだけど帰路は晴天で絶好のドライブ日和になってました、往復550キロくらいのドライブなのでたまには良いですね、ちょうど帰ってきた頃にジョリーハダでも活躍している地元のソラ君がジュニアクラス優勝との一報が届きました、最後まで現地で応援できなかったけどソラくん優勝おめでとう(^^

後書きとして今回のジャパンカップ大阪大会は事前にアナウンスされていたにも限らず大型ピットテーブルや場所取りのブルーシートなどでピットが占領されていた部分もあります、その辺りもう少し詰めて頂けたら2割以上の人がピットに座れたのではないでしょうか・・、参加費も無料(三代目ナントカは入場料1万円とか・・)でこういった場所を提供していただけるのですからエントラントの方ももっと気を使ったほうが良いと思いました(^^;

ともあれこれから夏~秋まで毎週のように続くジャパンカップ2015、マシンの方向性も例年とはまた違った進化が必要のようですので参加する皆さん頑張って下さいね(^^)



↑ 宜しければミニ四駆 ブログランキングUPにご協力下さい。

タミヤ公式ルールでダッシュモーターが解禁してからもう何年も立ちますが、今ひとつ盛り上がりに欠けるダッシュモーターでのフラットレイアウト大会・・、そこでかねてから温めていたダッシュだけのカツフラレースを開催する事にしました。

その名も「MTMダッシュ1大会」、要はJCJCを使ったタミヤルールの中でダッシュモーターで一番速いのは誰か!ってのを決めるレースです

バナーも造りました(さっきw
MTM-DASH1
栄えある初戦はいつもお世話になっている愛媛県新居浜市の秦玩具・・通称「ジョリーハダ」の店舗2階を借りきってのエクストラエディションレースです!

日程は以下になります。
■2015年8月9日(日)
■愛媛県新居浜市 ジョリーハダ特設会場
■午前10時開店と共に受付開始
■参加定員 オープンクラス 40名、ジュニアクラス20名程
■参加費 オープンクラス 1000円、ジュニアクラス100円
■参加受付 7月6日(月) PM8:00より専用メールアドレスにて受付予定

マシン構成はMTMレギュレーションをベースにします。
■モーターは事前にナラシをしたものを持ち込みで上位入賞した場合、分解車検致します。
■100V電源あります、バッテリーの充電OK、走行直前まで充電装置(通称バクダン)の使用可
※詳細レギュレーションは後日ご案内致します。

今大会では主催者推薦枠の「ジャパンカップ2015シード権」をオープンクラス優勝者に贈呈しますのでバッテリーはタミヤ製、又は富士通(FDK)製のみとします。


それと開催までもう2ヶ月を切っていますので気になるコースレイアウトを公開しておきます。
MTM-DASH1-P1C
全長はきっちり200mのカツフラレイアウト!、ですがいつもと違うのは左回りでスタート直後にLC(レーンチェンジャー)を超えてからの1周のタイムアタックとなります。

スタートはバンクの部分からラップタイマーの手前のストレートのどの部分(赤い部分)からでもOKです、マシンの加速度によってLCを攻略する一つのプロセスと考えて下さい。

超大径から超小径のマシンまで、またどんなモーターを搭載してベストラップを叩きだすのか今からワクワクします、公式レーサー、立体レーサー、カツフラレーサーの全ての皆さんにスピードを追求したミニ四駆の可能性を引き出してもらいたい!、皆さん四国の片田舎ではありますが参戦をご検討ください(^^)


mini4gcs_blog
ちなみにMINI4GCSのダッシュクラスのポイントも付きますので、今年はこの1戦限りかもしれないのでいきなり年間チャンピオンになれるかもw


今年もやって来ました「ジャパンカップ2015シード代表決定戦」、ジョリーハダではジュニア2枚、オープン1枚で1回のみのシード戦となったので地元勢はもとより四国4県から47名の参加がありジョリーハダ大会では過去最高のエントリー人数となり盛り上がりました。
150621-J01150621-J02150621-J03
朝の開店とともにレーサー達が流れ込んで朝から熱気ムンムンw、今回は事前に案内していた通り当日にウェーブを2枚入れてコースメンテナンスを行いました、人が多いとメンテナンスも早くて良いですね、おっとよく見るとジョリーハダ店長まで掃除機持ってきてコース掃除してくれている!!
150621-J05150621-J06150621-J08
と言うことで40度バンク下ってのウェーブ、ここでいつもより速度が少し落ちてモヒカンストレートに侵入するようになります、速度の加減とセッティング能力が大切になるセクションです、そしてスロープセクションの後は本日の気まぐれW&Wセクション、ウォッシュ自体は最近はセッティング能力も上がりあまり難関では無くなってきましたがそれでも本日の貼り付けはここ一番の時にコースアウトを誘発する味のあるセクションとなっていました(^^;
150621-J09150621-J10150621-J11
今回は人数が多いのとレース時間を短縮するために忙しかったのであんまり写真取っていなくて申し訳ありません、そんな中でノーマルクラスでは最狂ジュニアのマツリ君と永遠のライバルみかんさん、それにウチの長男のタイガ君の高カードw、それと決勝に勝ち上がったダイチ君と久しぶり参戦のウチの次男のレオ君のスタートの所の写真が有りました、レースはクリアボディ搭載のエアロアバンテの紫スペシャルにローグリップタイヤまで履かせたガチ!ノーマルのダイチ君が優勝となりました(^^
150621-J04150621-J12150621-J13
ノーマルクラスが終わると少し練習時間がありましたが、レース開始からは一切練習無しの公式レギュ!、こちらもジュニアとオープン同時進行だったのですがおかげて写真取る暇なくていつもの面子のしか無かったw
150621-J14150621-J15150621-J20
そんなこんなで各クラス3ヒートで準決勝に勝ち進んだ皆さんのマシンです、今回はジュニア6名、オープン9名でのバトルレースで支給のアルカリ電池交換後に当方が自ら車検しました(適当だけどw)、流石に準決勝に勝ち進んでくるレーサー達のマシンはネジの緩みとかも無く(頭のネジは緩んどるようだけどw)カッチリ仕上がっていましたね(^^
150621-J16150621-J17150621-J18
準決勝では熱いオッサンバトルも見れましたが、決勝戦に勝ち進んだのはジュニアでは順当に勝ち残ったマツリ君、レキ君、それと今回ジョリハダ初参戦のリョーマ君のバトル、ここでは圧巻の走りで最狂ジュニアの異名の通りマツリ君が優勝となりました、2位はリョーマ君、3位はレキ君となりました、入賞おめでとうございます。

オープンは準決勝一番に抜け出た紅一点の だりえさん、それに少しハイなダンディーノムラさんw、そしてこちらもジョリーハダ初参戦のワンワンさん(リョーマ君のお父さんかな・・)での決勝戦となり、再レースからノムラさん一番に飛んでいって だりえさんとワンワンさんの一騎打ちに!、中々のデッドヒートでしたが紅一点 だりえさんが一歩先にゴール!!!、1位だりえさん、2位ワンワンさん、3位ノムラさんの順となりました、入賞おめでとうございました(^^
150621-J21150621-J19150621-J22
オッサンとガキんちょばかりのミニ四駆で速い女性レーサーが参戦されると華やかになりますねw、タミヤ公式でも異様に速い女性レーサーが沢山居るのでオッサン連中もうかうかしていられません!、と言うことで表彰式と抽選会(大津屋さん商品提供ありがとうございました(^^ )とジャンケン大会をサクっと終わらせて今回の大会は終了致しました、レース後はまだまだレーサー同士の交流が続いていましたがちょっと用事があって先に帰らせてもらいました、また次回7月のレース(日程はまだ未定)でも宜しくお願い致します(^^)

※そして水面下で考察中のダッシュカツフラへ続く・・・(フフ


6/19(金)は香川県善通寺市にあるゲームセンター「MAXボール」のミニ四駆ナイトレースに地元の伊賀沢ミニ四駆集団と一緒に初参加してきました。
20150619-MAX220150619-MAX320150619-MAX4
コースレイアウトは立体ですが想像していた以上にイケイケのスピード勝負のレースとなりました、思ったよりスピードレンジが高かったので現地で無い知恵絞って速度を上げる方向にセッティング変更と結構波瀾万丈の展開となり、結局何故か伊賀沢レキ君と毎回当たりレキ君の勝利を阻む存在という役柄だけで今回のレースは終了しました(^^;
20150619-MAX720150619-MAX620150619-MAX5
レース進行はジョリーハダのナイトレースでもお馴染みのタツヤさん、主催側になると中々レースを楽しむって感じには成らないと思いますがお疲れ様です、それとミニ四駆以外にもゲームセンターなので色々遊べる物もあります、こちらではゲームの筐体の隙間にカツい充電器が並ぶ・・今まで見たことのない光景が今回は色々見れましたw
20150619-MAX820150619-MAX1020150619-MAX9
普段のタイムアタックではトップにつける我らが伊賀沢エビカチュさん、しかし今回は決勝進出の上位3名は全部MAXボールの常連さんにやられてしまいました、密かにリベンジに燃える我々でしたw、レース後はジャンケン大会もありこちらも盛り上がりましたね、今後もミニ四駆のレースが根付きそうな大会だと感じました(^^
20150621-J0320150621-J0220150621-J01
こちらは明日6/21(日)のジョリーハダのステーション戦の準備、予算の関係で支給電池30本なので予定ではジュニアクラスは6名、オープンクラスは9名の準決勝進出となります、レースは3ヒート行いますが準決勝に進んだ人はマシン預かりとなりますのでレースが始まると練習走行無しで一気に3ヒート行います、なので皆さん出走の準備は手早く出来るようにお願いします(^^

※本日のホビーゾーン丸亀のナイトレースは・・・さすがに行けないか(うーん


今週末に開催となります新居浜市のジョリーハダでの「ジャパンカップ2015シード代表決定戦」の案内です。

コースレイアウトは下記を予定しています、現在の常設しているコースにウェーブ2枚を入れます(当日までに誰かコース持ち寄って入れてるかもw)
ジョリーハダ20150621
それとタイムスケジュールですが、遠征されて来られる人も居ると聞いていますのでレース時間と各クラス間の待ち時間を少なくするため店内等で案内していた時間から少し変更させて頂きました。

■タイムスケジュール

10:00 ジョリーハダ開店、練習開始OK
12:00 コースレイアウト確定 
13:00 受付開始
14:00 ノーマルクラスレース
15:30 受付終了、レース開始
 ・
 ・   ※ジュニアクラス、オープンクラス同時進行します。
 ・
18:00 レース終了、表彰式、抽選会


■レース方式

ノーマルクラス バトルレース
・1人3回のアタックで9人~12人が準決勝ヒートに進み、勝ち残った人が決勝ヒートとなります、マシンはMTMノーマルレギュレーションで電池もアルカリ電池のみと成りますので宜しくお願いします。

ジュニア、オープンクラス バトルレース
・3ヒート制で各ヒート2人~3人が準決勝ヒートに進み、勝ち残った人が決勝ヒートとなります。マシンはタミヤ公式ジャパンカップレギュレーションとしバッテリーもタミヤ製、または富士通(FDK含む)製のみとします。

・各ヒートで準決勝へ勝ち進んだ人はマシン預かりとなりセッティング変更など出来ません、準決勝、決勝は支給されたアルカリ電池(富士通製を予定)1セットでレースを行います。

決勝ヒートは6周で行います、全員コースアウトの場合は再レースとなり走行距離で順位を決定します。

・ジュニアクラス、オープンクラスとも同時進行で3ヒート行います、勝ち残った人のマシン預かりもありますのでレースが開始されると練習走行は一切出来ませんのでご了承下さい。


■参加費

・ノーマルクラス 無料
・ジュニアクラス 100円 中学生以下で電池交換が自分で出来る事
・オープンクラス 300円 年齢制限無し

 
■章典等

・ノーマルクラス 優勝盾
・ジュニアクラス 1位~3位 記念盾  上位2名にシード券(小学4年以上の参加者)
・オープンクラス 1位~3位 記念盾  優勝者1名にシード券
・参加賞としてステーション戦限定グッズ(無くなり次第終了)
・ジュニア~高校生にはジョリーハダ100円券贈呈
・表彰式の後にお楽しみ抽選会



ご質問などありましたらコメントにてお寄せ下さい、それでは当日は宜しくお願い致します(^^)

このページのトップヘ