MTMミニ4ファクトリー

愛媛のミニ四駆サーキット常設店
MTM-HOBBY 公式ブログ
愛媛県四国中央市豊岡町豊田27-4
定休日 毎週水曜 営業時間10:00~19:00

7/1(日)はMTMホビーの7月の月例ミニ四駆レース大会を開催しました。
20180701MTM-04
今回はJC大阪大会と他店舗での大会とかも重なったためか総勢19名の参加となりました、会場の広さの割には人数少なめだったので練習もガッツリ出来ましたね(^^
20180701MTM-0120180701MTM-0320180701MTM-02
その練習には今年のJC大会を模したロッキングストレートと斜めモヒカン、芝モヒカンのセクションを取り付けてマシンの挙動を確認することも出来ました。

ロッキングはコースがJCJCなのでフェンスがたわむのですが、その驚異は確認できましたね、でも全く空気のように走るマシンもちらほら見かけました、それと斜めモヒカンより芝モヒカンのほうが難易度高かったでしょうか・・最終コーナー付近に設置した上りスロープのブレーキを利かさなくては成らなかったのでドラゴンバックからモヒカンの着地距離が難しかったですね。
20180701MTM-0520180701MTM-0620180701MTM-07
本日の匠(ヤスヒコ選手)は見た所タミヤ純正のスラダンを独立可動にした物を持ち込んでたようですが、モヒカンの餌食となってカバーがいくつか破損していました(^^;、独立式に改造していない純正スラダンは割れてなかったのでやはり取り付けの支点からの衝撃がもろに影響しているようです。
20180701MTM-1020180701MTM-0820180701MTM-23
午後からの予選タイムアタックはやはりセッティングが決まったマシンは比較的好タイムでCO(コースアウト)率も少ないのですが、決まっていないと運要素が無いと完走もままならないという・・(汗、そしてジュニアクラスからのレース開催です。
20180701MTM-0920180701MTM-1520180701MTM-16
今回はジュニアクラスは4名と少なかったのでポイント制5ヒートで争いました、タイムアタック上位3名とポイントレース上位3名で微妙に顔ぶれが変わり全員入賞することが出来ました(^^
20180701MTM-1120180701MTM-2220180701MTM-12
オープンクラスはAメインに9名、Bメインは10名でトーナメント開始です!、タイムアタック下位のBメインはジュニア勢も入っていますが、このジュニア勢が異様に速いので侮れません・・というか驚異ですw、おじさんたちが涙目なのでお願いなのでもう少し手加減してマシン作ってください(爆
20180701MTM-1320180701MTM-1720180701MTM-18
Aメイン一番抜けはカチューシャ選手、2番抜けは まるお選手、Bメインから勝ち上がってきたのはジュニアのイッセイ君で6周バトルはスタートからトップに躍り出たイッセイ君が(だから手加減して・・w)ドラゴンバック着地で隣のレーンに入ってしまい同じレーンとなった まるお選手のマシンと絡んでしまったのでイッセイ君を除いた2人で再レースとなりました。

再レースでは予選から好調のカチューシャ選手が逃げ切って優勝!、まるお選手も全力で追い上げて6周完走するも一歩及びませんでした、って事で予選、Aメイン第1ヒート、決勝戦とハットトリックを決めたカチューシャ選手でした、初のハットトリック達成されたのでまた記念品用意しますのでしばしお待ちを(^^
20180701MTM-1420180701MTM-2120180701MTM-19
レースの後は少しのフリー走行を挟んで片付けと表彰式、抽選会となりました、もうね・・何の指示もしなくてもテキパキと片付けしてくれるのでめっちゃ運営楽ですw、参加された皆さん大変お疲れ様でした!
20180701MTM-20
今回のリザルトです、人数少なめだったので黒板1面ですべて表記しています、また次回開催の時も宜しくお願い致します(^^


自分の参戦マシン紹介
20180701MTM-2520180701MTM-2420180701MTM-26
紹介するほどでも無い成績でしたが、ボディも新調したので載せておこうw、シャーシは中古寄せ集めのMAに自作スラダンを前後に取り付けて、ロッキング対策に19mmローラーの位置に13mmローラーを付けて幅を狭くしています、最初3コースから走らせたら全く減速せずにロッキングを抜けるので「スゲー!!」って思ったんですがよく見ると3コースのコース外側は侵入時にロッキングが付いて無いのとマシン幅が狭いこともあってロッキングをスルーして抜けていた模様w

1コース、2コースではそれなりに減速しますが、今思うと前後ともローラー幅が狭いのでシャーシ中央のサイドマスダンの辺りがロッキングに当たっていたのかも?、もう少し検証の余地ありです、それとHD-PROモーターと借り物wの標準ギヤではフロントノーブレーキではスロープ上りでスッポ抜けていたので、無理やりスポンジ貼って対処してみたけど練習走行10回程では良いセッティングは見つけられませんでした(無念

という事ですがロッキングと新モヒカンも模擬ではありますが経験出来たので今月開催されるJC愛媛大会に向けてどんなマシンが有効か・・妄想膨らみます!、JC愛媛は再抽選となっていますがまた参加できましたら皆さんよろしくお願い致します(^^



↑ 宜しければミニ四駆 ブログランキングUPにご協力下さい。

次回7月1日(日)はMTMホビーの月例ミニ四駆レース大会をいつもの「豊岡公民館3F大ホール」で開催致します。
20180701 大会コース
↑こちらは予定しているコースレイアウトです、スタート直後に噂の「ロッキングストレート」セクションを取り付けます!、また40°グライドバンクや斜めモヒカンストレートなどジャパンカップ2018のコースを意識したセクションを盛り込んでいます。


当日のタイムスケジュールです。

10:00~ MTMホビー開店、店頭にてレース受付
    < 参加費 オープン500円、ジュニア100円 >
    < 受付後、会場の豊岡公民館でフリー走行できます >
12:30~ ジュニア、オープン合同 予選タイムアタック
    < 2~3回のタイムアタックを予定しています >
14:00~ ジュニアクラス レース開始
    < レース時はジュニア専用ピットエリアを用意します >
15:00~ オープンクラス 決勝トーナメント
    < Aメイン、Bメイン共に2ヒートを予定しています >
16:30~ レース終了、片付け後に表彰式と抽選会
    < コースの撤収をお願い致します >
17:30~ レースイベント終了、解散 

レース会場は豊岡公民館ですが、大人の事情で受付はMTMホビー店舗となります、受付時間は概ね正午12時頃までとなります(それ以降はお店閉めて会場に行ってます)ので宜しくおねがいします。


MTM大会フローチャート2
レース方式は予選タイムアタック(1人3回ほどのアタックを予定しています)からAメイン、Bメインに振り分けての決勝トーナメントとなります、ジュニアクラスは参加人数によりレース方式を考慮します。

入賞はジュニアクラス、オープンクラス共にタイムアタック上位3名、決勝レース上位3名に加えて今回より予選トップ通過、決勝Aメイン第1ヒート勝抜け(またはジュニア優勝)、総合トーナメント優勝のハットトリックを達成した方にも何か賞を用意しようと思いますので皆さん頑張ってください(^^



噂のロッキングセクション
20180626MTM-0120180626MTM-0320180626MTM-05
ジャパンカップ2018コースの実物はまだ見たこと無いんですが、おそらく形状的にもっとも近そうなのをチョイスしました、バンドソーでガーっと切ったけどバリ落としに時間がかかったw
20180626MTM-0620180626MTM-0720180626MTM-08
幅は48.5mm、高さは11.8mmくらい、コースにセットするとコース幅は103.2mmほどになりますが、固定用の両面テープや剥がれ防止のテーピング処理でもう少し狭くなると思います。

ただしJCJCの壁は公式コースに比べて柔らかいのでコースがたわみます!、なのでコースの外壁には添え木をして補強する予定ですが、内側レーンは補強のしようが無いのでコースが壊れそうな場合は内側のロッキングは取り外すかも知れません(^^;

モヒカンのパーツの画像を用意していませんが幅29mm、高さ8.3mmほどです、これに固定用の両面テープや芝(今回はパンチカーペットの予定)を貼るのでもっと高さは出ると思います。

という事で噂のロッキングセクションですが、幅いっぱいのマシンだとバンパーがもげる可能性もあるので壊れないように対策したり幅の狭いローラー配置のマシンを用意することを強くおすすめします(^^;

それでは今回のMTMの月例レース大会にご参加の方宜しくお願い致します!!


MTMホビーの現在の店内コースは6ヶ月ぶりのフラットレイアウトです、本当はフラットレイアウトは3ヶ月に1回を予定していたんだけど3月のお店の引っ越しと店内スペースの関係で一回お休みしていました(^^;
20180619MTM-20
普通じゃない速度域へ・・って事ですが全長57.19mのコースをどう攻略させるか?、ちなみに前回の旧店舗での最後のフラットコース(2017/12)ではオープンクラス秒速9.249m、KIDSカークラス秒速6.906m、ノーマルマシンクラス秒速5.464mという速度が記録されています。
20180619MTM-2120180619MTM-2220180619MTM-19
先日の日曜にワラワラと集まった常連の人たち・・店内一杯になりましたがクーラーのおかげで辛うじて集中出来ますw、珍しく息子のタイガ選手も頑張って店内アタックしていましたがノーマルマシンなのにぶっ飛んでフロントバンパーがもげる大クラッシュに(^^;
20180619MTM-1020180619MTM-0820180619MTM-18
EX-KIDSカーでは まるお選手が秒速9.179mのトップタイムを叩き出しています、自分のマシンもARからMAに変更してアタックするも秒速8.691mとまだまだ攻めれる予感、山ガッター選手にいたっては噂?のオレンジB6チャージャーを引っ提げて来てやる気充分です。
20180619MTM-0420180619MTM-0520180619MTM-06
ノーマルマシンは現在自分のマシンが唯一10秒台に入れて秒速5.213m、昨年12月のフラットコースの速度(秒速5.464m)からまだ落ちているのでもっと攻められるか?!(チェッカー速度は26km出ると失格になります)
20180619MTM-1420180619MTM-1320180619MTM-12
KIDSカーの上位陣は当たり前のように8秒台を連発しています、現在トップのオッチー選手は秒速6.704mまで詰めていますが、ノーマルクラスと同じくまだ昨年12月の速度(秒速6.906m)には及んでいません・・もっと頑張れるはずだ!
20180619MTM-1120180619MTM-0220180619MTM-03
オープンクラスは まるお選手と、自分のタイムが1/100秒差でこの2台だけが5秒台に突入しています、自分のはDASH-1で優勝したマシンを前日に走らせて1回も完走しないまま もげ落ちたwフロント部分を一晩かけて再接着!、そして出た速度は秒速9.611mとこのクラスだけ昨年12月の速度(秒速9.249m)を超えています。


現在のリザルトです。
20180619MTM-1720180619MTM-1620180619MTM-15
昨年12月のコース全長は95.73mで今回のコースは57.19m、丁度全長が60%と短くなっているのでパワーソースに余裕のないノーマルクラスとKIDSカークラスは速度が乗り切っていないのかも?、逆にオープンクラスのマシンは以前の店舗の床面のうねりで全開アタックが難しかったのを今回は比較的フラットな床面なのでアドバンテージを受けているのかも知れません。

あと10日で今回のフラットレイアウトは終了となり、上半期タイムアタック選手権の順位が決定します、まだまだタイムは詰められそうな(完走できればw)予感がしますので皆さん頑張って走らせてくださいね(^^


このページのトップヘ