MTMミニ4ファクトリー

うーむ・・・痛車ってなんか心にグッと来ますね・・(マテ
20181017MTM-23
と言う事でコンデレまつり用のブリファン(謎)が大層な賞を取ってしまったために急遽作った痛車ボディの製作工程を紹介します、まぁ初めての痛車制作なのでちょっとググってみたところ(何でも聞く前に調べよう!)、RC関係などでは色々と作り方がネットに出回ってますが、ミニ四駆用に一番具体的に解った(読み取れた)ツイッターで紹介されていた制作方法を導入しました(どたなの記事だったか見つからないので元ネタが紹介できません・・ゴメンナサイ)

※ツイッターの記事主はトニーさんでした、参考になりました(^^
20181017MTM-1820181017MTM-21
用紙はそのツイッター記事で紹介されていたA-Oneの伸びるラベル透明ハガキサイズ(品番29296)です、ネットでそれっぽい画像をGETして(版権に問題あるならご連絡下さい)サクっと加工、この辺り少しだけ画像加工のスキルが必要ですが今回は全部フリーソフトで仕上げました、そして難易度が高いと言われる?ボディの裏から貼り付ける「裏張り」って方法で行いますが、画像自体は左右反転や位置調整はA-Oneが無料で公開しているラベル屋さんってソフトで簡単にできました。
20181017MTM-0120181017MTM-02
他にもロゴとか作って余った余白に配置して、裏から貼るので左右反転させたデータを手持ちのインクジェットプリンターで出力しました、インクジェットは通常水に濡らすと滲んでしまうのでそこは注意します、キャラクターの余白を出来るだけ切り取りたいのですが用紙フィルムが思ったより分厚くてシャープに切り出すのは難しい・・、時間も無いのでちょっと妥協しましたw
20181017MTM-0320181017MTM-05
今回はライキリのクリアボディに貼り付ける事にしました、フィルムの伸び具合など確認するため手始めにルーフの部分の「アズー○レーン」のロゴの部分で練習してみましたが少しズレが気になったので一回剥がして貼り直しました・・透明度が少し下がった(汗、まぁ気を取り直して「綾○改2」のキャラクター部分を貼ると奇跡的に一発で良い位置に貼れたw、でもヘッドライト部分からコーナーに当たる部分はいくら伸びるフィルムとはいえ超絶難しかったです・・ですが何とか あんよ(脚)が綺麗に見えるように貼れました。

普通のプリンターを使っているので「ホワイト」という顔料は無いので裏打ちしないと半透明状態になってますので、ボディ色を塗らない顔の部分などは裏から100均のペイントマーカーの白で色を乗せていきます、この時プリンターのインクと相性が悪かったら色が滲むかもしれませんので事前にチェックしておきましょう。
20181017MTM-0620181017MTM-07
という事で可愛くクッキリと絵が浮き出てきたので窓の部分などはマスキングします、裏打ちにホワイト以外のカラーに塗るには別のテクニックが必要なので今回のボディは手っ取り早くホワイトにしました、あっポリカには専用のポリカーボネート用のスプレーを塗らないと後々悲惨なことになるのでご注意を!
20181017MTM-0820181017MTM-09
ライキリのポリカボディはホイールアーチがカットされていないのでアーチに沿ってデザインナイフで少し切り込みを入れてあとはハサミで扇状にカットしてそこを折り取るようにすると綺麗にアールが切り取れますよ、ホーイルアーチ以外にも自分は30年以上前からポリカボディはこうやって切り出していますが(オッサン・・
20181017MTM-1020181017MTM-11
ここまで来たら膜を剥がします・・膜を・・・、シャーシの方はノーマルマシンアタックでフロントバンパーがお亡くなりになったMAを流用します、シャコタンにするためにモーターライズではなくPOM軸も外して固定となっとります(爆
20181017MTM-1220181017MTM-13
フロントタイヤはキャンバーを付けるためにシャフト曲げてます(ぉぃ、それだけでは見た目の接地感が減るのでタイヤをグラインターで削ってペタ!って地面に接地するようにしてみました(もう完全に走らせられない・・)
20181017MTM-1720181017MTM-14
↑シャコタン度はこのくらいでシャーシとの固定はリアのターボエンドのみです(フロントはオミット・・)、それから仕上げにジャンクステッカーでステッカーチューンしてみました、塗装が適当でもステッカーチューンで色々ごまかせるので余ったステッカーとかはストックしておくと良いですねw
20181017MTM-1920181017MTM-20
という事で苦節20時間ほどかけて完成したコンデレまつり用のこちらのマシンです、投票最終日の前日にUPしましたが中々好評?で4位の得票数が集まりました!、今回はミニ四駆って事と実際の車体サイズからフロントガラスの部分にもキャラクターを配置して大きく見せるようにしましたが、確かに車としては違和感があるかもしれないので次回作る時はちょっと配置を考えてみよう・・

またプリントステッカーで何も痛車にしなくても好きなステッカーやデザインシートも作れるので、これを機会に何か違った使い方が出来れば良いですね、なんか良いので来たら紹介してくださいね、それでは!



↑ 宜しければミニ四駆 ブログランキングUPにご協力下さい。

10/14(日)はMTMホビーのミニ四駆月例レースを開催しました、本家ジャパンカップも同日の品川大会EXで最終戦となるって事で2018ジャパンカップ全国サテライトレースとしても開催しました。
20181014MTM-06
季節も秋真っ只中って感じで涼しく穏やかな天候でミニ四駆日和りでしたね(室内開催だけどw)、実は近隣の街が地方祭に突入しているので地元参加の人の都合が付きづらく参加人数が危ぶまれましたが徳島、香川からもエントリーして下さった方々が居まして総勢25名でレースが開催出来ました(^^
20181014MTM-1320181014MTM-0920181014MTM-12
事前にコースレイアウトを発表していましたが、見た目の高速立体とは違い、思ったより速度を抑制しないと完走しづらいコースでした、一番の難所はスロープ上りからストレート1枚着地の箇所で午前のフリー走行ではここでバンバン飛び出していました、また3ヶ所に設置したLCジャンプもストレート2枚着地なので何らかの対策をしていないと飛び出してしまう箇所になっていしたね。
20181014MTM-0520181014MTM-1520181014MTM-03
午前中のフリー走行の後は予選タイムアタックです、人数と運営も皆さん慣れてきたので最終的に全員5回のタイムアタックでAメインとBメインに振り分けました、トップタイムは徳島から参戦の にーこ選手の27.73秒でこれに1/100秒差で まるお選手が27.74秒で続きました。
20181014MTM-1720181014MTM-1820181014MTM-04
予選タイムアタックの後は少しフリー走行を挟んでジュニアクラスのスタートです、ジュニアは5名のみの参加でしたがビシっ!と3ヒート行って優勝は イッセイ選手でした、優勝おめでとう(^^、そして今回は総参加人数が30名以下でしたのでジュニアの選手達もオープンクラスに参戦する事になりました!
20181014MTM-1120181014MTM-0820181014MTM-19
そしてオープンクラスの前に少しフリー走行・・・の時になんかキモイマシンが走ってる!って思ったらリアが外れてフロントとセンターのみでワサワサ走る山ガッター選手のMSフレキでしたw、その後なんとか直してオープンクラス開始に間に合いました。
20181014MTM-2020181014MTM-2820181014MTM-21
オープンクラスは基本2ヒートですが流石に完走率も上がってきますね、そんな中でAメイン、Bメイン共に勝ち上がって来るの猛者たち6名での最終決勝トーナメントに進みます。
20181014MTM-2220181014MTM-2320181014MTM-02
決勝戦ではBメインから勝ち上がったコウセイ選手、Aメインからカチューシャ選手と ぐっさん選手の組み合わせで6周ヒートです、予定通りまず ぐっさん選手がコースアウトして(^^;、こうなると戦略的にキッチリ走るカチューシャ選手が優勝!、Bメインからのコウセイ君は粘り強く走るもスピード負けで2位となりました、入賞された皆さんおめでとう御座いました!
20181014MTM-1420181014MTM-2420181014MTM-25
レースはサクサク進んでいつもより1時間弱早くレースが終わったので、エキシビジョンタイムアタックを行いました、トップタイム方にはヅカさんご提供のYスポーク付きの2色ペライタヤ(写真取り忘れた・・)が贈呈されるって事で2回のアタックを行いましたが、皆さん電池切れが予選タイムアタックほどのパンチの効いたタイムは出ませんでした、そこをちゃっかり山ガッター選手が25.50秒で優勝となりました、10位賞も用意してたんだけど参加17名で完走8名・・w、という事で8位(^^;の響選手が30.73秒で商品ゲットとなりました。
20181014MTM-0720181014MTM-2620181014MTM-27
最後は皆さんでコース撤収してもらいつつ集計と表彰式、そして本日の景品はタミヤ様から全国サテライトとして頂いたボディやメッキホイールとオッチーさん、ジャイアンさん、ヅカさん、FC君から協賛していただいた物だけで賄ったのでウチからは何も出していませんでした(爆、それらで抽選会を行った後は協賛品で出して頂いたキットは最後のジャンケン大会で徳島の にーこ選手(予選TA1位)と香川のクマ選手(トーナメント1番抜け)と実力者に渡りました(^^
20181014MTM-01
それでは今回もコースの設営から撤収も行ってもらい、最後にきちんと集合写真まで参加していただけたナイスな皆様有り難うございました(^^、また次回大会(予定では11月4日のステチャン戦)の時にも是非宜しくお願い致します!


■ミニ四駆イベントの宣伝でーす!
20181014MTM-10
昨年も秋に行われた香川のジャイアンさん主催のジャイアン杯が今年は11月11日開催されます!、タイトルに「ミニ四駆親睦会」と書かれているようにミニ四駆ユーザーが集まってワイワイやりましょうって雰囲気がムンムン出てますね、主催のジャイアンさんの人柄を感じられますので皆さん宜しければ是非参加しましょう!


ブログの更新が遅れてしまったけど先週末の10/6(土)はJC愛媛サテライトレースをMTM店内コースで開催していました。
20181010MTM-06
土曜なのに昼間は全く客が来ない状態でしたが(汗、ナイトレースとしていたので夕方からポツポツ人が集まってくれました。
20181010MTM-0220181010MTM-0120181010MTM-03
暇な昼間に福岡から立ち寄ってくれたLME山下さん、もう3年くらいお会いしていませんでしたが四国に出張がてら来店下さいました、彼は以前MINI4GCS(グラチャン戦)の九州ラウンドを開催してくれていましたが、また復帰して欲しいですね(^^、という事でなんとか9名のレーサー諸君が集まったのでサテライト大会開始!
20181010MTM-0420181010MTM-0520181010MTM-07
今回初参戦でわざわざ香川からお越しのITさんとアカマツさんですが、レース経験はまだ少ないということで短時間でのコース攻略に悪戦苦闘!、でもなんとか皆さんコースを完走させるレベルまで仕上げてきたので3ヒート制バトルレースを行いました。

レースの行方は まるお選手、アカマツ選手、オッチー選手とMTM常連に挟まれた香川からのアカマツさんが各ヒートを勝ち抜いての決勝戦を行いました、スピードでは定評のある まるお選手は決勝6周ルールに阻まれあえなくコースアウト終了w、スピードこそあるものの所々でコースを引っ掛けるアカマツ選手に対して安定したスピードで淡々と周回してトップでゴールしたのは地元のオッチー選手でした。
20181010MTM-0820181010MTM-0920181010MTM-10
オッチーさんご提供の中身の見えない景品にドキドキしながら表彰式と記念撮影までこなして本日のレース終了となりました、ご参加頂いた皆さんお疲れ様でした!

4位決定戦も行い、ここで勝ち上がったのはまさかのゼロトラ選手!、そのマシンから発する異音はとっても気になるwけど勝ちは勝ちです、おめでとう(^^

MTMホビー店内だと狭苦しいのですが、それはそれで面白みもありレースはレースなんですね、また小規模のレースも行いますのでそういう時こそまたご参加いただけたら幸いです(^^

※ 10/14(日)はMTM月例レースです、JC全国大会サテライトともなりますので皆さんご参加宜しくおねがいします!


このページのトップヘ