MTMミニ4ファクトリー

愛媛のミニ四駆サーキット常設店
MTM-HOBBY 公式ブログ
愛媛県四国中央市豊岡町豊田27-4
定休日 毎週水曜 営業時間10:00~19:00


8月8日はジョリーハダの金曜ナイトレースは台風接近であいにくの雨となりましたがそれでもエントリー20人、3クラス合計で28エントリーが集まりました(^^)

2014-J0808-01.jpg 2014-J0808-03.jpg
今回からノーマルクラス開催!って事で当方も長男と2人で早めに現地入りしてキット素組ですがマシンを用意しました。

2014-J0808-04.jpg 2014-J0808-08.jpg
ジュニアクラス決勝戦はここミニ四駆歴2ヶ月程だと思うけどメキメキと実力を付けてきた はるまき君が優勝!、おきふむ君も堅実な走りでもう一歩でしたが、小1の ゆづき君がマジ物で自分で作ったマシンで練習から17秒台連発させてエキスパートクラス顔負けでしたが本番ではカタバルト発射で終了、勝負は非情・・お疲れ様でした(^^;

ノーマルクラスの写真は撮って無かったのですがウチの長男のタイガ君がレース前のタイムアタック(レース戦略を見るための走行枠です)で現地制作したMAシャーシで 21.75秒を叩き出していたのですが準決勝のLC超えた後でコースアウト!、そこで次点で速かった自分のARシャーシと同じく当日制作のマッサさんのMAシャーシでの決勝勝負かと思われたんですが、やはりノーマルと言えど速度が乗ってくるとLC後の挙動が不安定で二人共コースアウト!、そしてノーマルマラス初代覇者はMAシャーシで参加の年長さんの るなちゃんが優勝となりました(^^

エキスパートクラスはタイムアタックで本日のベストタイム 16.56秒を叩き出している たつやさんと新車でいどむ ハシモト君、それに割って アル父(代走アル君)さんの3人での決勝となりました、相手を見てレース戦略を考えるなか速度的に一歩抜いた たつやさんがS字でリア引っ掛けて終了、アル父さんのマシンがフロントとリアの幅が違うセットの様でストレートで蛇行しつつも結構な速度で走る(真っ直ぐ走るセットになると更に速くなりますね)なか、ハシモト君の新車が何時になく安定して走ってw逃げ切り優勝となりました。

2014-J0808-07.jpg 2014-J0808-05.jpg
少し前までは大人ばかりのエントリーでしたが、最近はジュニアのエントリーの方が増えてミニ四駆本来の学べる楽しみ方が出来ていますね、オッサン達の道楽からこんな健全なミニ四駆環境に戻るとは思っても見ませんでしたw

今回からレースの方は3ヒート制から1ヒートトーナメント式にして敗者復活を入れると1クラス最低2回の出走となりましたが、ノーマルクラスとWエントリーしていただけると2クラスで4回以上の出走が出来ますので、いっぱい走らせたい方は是非ノーマルクラスにも参加してくださいね、エントリー費も追加になりませんし(^^

ちなみにノーマルクラスはやはり最新のMAシャーシが一番堅実な選択だと思いますが、へそ曲がりな人は色々なシャーシ選んでもらってそこでMAと何が違うのか研究するととても勉強になると思います、またノーマルって走らせば走らせるほど劣化が進行してだんだん遅くなる(モーターが育って速くなる場合もありますがモーターも寿命が来ます)のですが、それをいかにメンテナンスして速さを維持するかってもの勉強になると思います。

2014-J0808-06.jpg
現在のコースは次のレースからレイアウトが変わります、今までのタイムは上記のようになっていますが、エキスパートクラスではDJオカダさんがVSスプリントダッシュで16.20秒を切ったタイムを叩きだされていたと思います、目指せ15秒台ですがレイアウト変更までに出たら報告してくださいね(^^)

次のレースは8月24日(日)の定例サンデーレースてすが開始時刻は都合により夕方6:30からとなります、またその日はタミヤのミニ四駆サマートライアル戦となりますので宜しくお願いします(^^

※サマートライアルのチケット権は電池もタミヤ製使用者になるかな・・



↑ 宜しければミニ四駆 ブログランキングUPにご協力下さい。

今週の金曜ナイトレース(8月8日開催)からミニ4ノーマルクラスを開催したいと思います。

レギュレーションは先ほど記載したのでご確認ください。

ミニ4ノーマルクラス レギュレーション

ある程度ミニ四駆をやってるとノーマルのミニ四駆って走らせて何が面白いの?っと思われがちですが初心忘れべからずって言葉がある通り、ノーマルマシンはとても奥が深い物です。

自分の本業はバイク屋なんですがこの業界には「プライベーター」と呼ばれるカスタムチューンを行う人達がいます、ミニ四駆の世界って殆どこのプライベーターと呼ばれる人と同じ領域で日夜ミニ四駆を作ってますよね。

そういう人達がある程度やってると陥るチューニングの不和・・・、いくら改造しても速くならない、完走すらままならない・・、そういった状況になったことがある人も多いのでは無いでしょうか!、何でもそうですが完全なノーマルの状態を維持できない内はいくら改造してもそれはチューニングでは無くただの自己満足カスタム・・・

それに気が付かさせてくれるのがこのミニ4ノーマルクラスだと思います、ノーマルと言ってもシャーシ性能差の緩和やシャーシ寿命を考慮したレギュレーションになっていますので、レギューレションの重箱の隅をつつく解釈は歓迎しますw

またこのクラスのレース開催によりジョリーハダのレース内容も現在はジュニアとエキスパートの2クラスのみでしたが、ミニ4ノーマルクラスの3クラス開催となり、レース方式も3ヒート制から敗者復活は一回戦負けの人のみとしてトーナメント戦を組む予定です(参加者増えてきたので時間もかかるしね(^^;

またジュニアとエキスパートのWエントリー出来ませんでしたが、ミニ4ノーマルとジュニア、又はエキスパートとのWエントリーは可能です(参加費も追加費用は要りません)、なんならミニ4ノーマルマシン1台で両クラスに参加ももちろんOKですので、ちょっとキット作って参加してみようって方も大歓迎です(^^)

と言うことで多数の参加お待ちしています~!!

※ 今度の金曜ナイトは参加者6名以上は最低欲しいなw


ミニ四駆公認競技会規則及びMTMレギュレーションに順じ尚以下の制限を加える。

【ミニ4ノーマル 車両規定】
  ※ 2014/08/06 制定
  ※ 2016/01/08 補足追加 (青文字部分)
  ※ 2017/12/23 補足追加 (赤文字部分)

● ミニ四駆の標準キットを説明書通りに組み上げた車両とする。(以下の特例を認める)

● 限定キット付属の部品や市販パーツで同一形状の物は色や素材に関わりなく使用できる。
   ※一部の特別キットやEVOシリーズのパーツは使用不可

● ガイドローラー用の段付ビスをグレードアップパーツ付属の真鍮スペーサーとビス、ナットによる取り付けを認める。
  ※アルミ製のロックナットの使用を禁止します。
  ※真鍮スペーサーを使用する場合は丸ワッシャーをシャーシ側に入れて、ローラーの外側から真鍮スペーサーを取り付けるに限ります、また取り付けに使用するビスがシャーシより飛び出す場合は、必ずシャーシ下面側からネジ込んでください、上面側に突き出した部分は保護する素材(スタビポールなど)も含みローラー上面から最大10mmまでの長さとする(シャーシ下面に飛び出さない場合は上面からビスをネジ込んでも良い)

● プラローラー(ガイドローラー)は別キットや市販パーツより流用できる。
  ※取り付け幅76mm(VS、MSシャーシ等)はΦ16mmまでのプラローラーが使用可
  ※取り付け幅84mm(S2、MAシャーシ等)は Φ13mmまでのプラローラーが使用可
  ※ゴムリンクローラー付きのキットでも上記のサイズまでのプラローラーに変更可
  ※ローラーは各取り付け箇所で形状が変わっても構いません。

● ゴムリンク付きガイドローラーは必ずゴムリンクを取り付けて使用する。

● 前後タイヤ、ホイールの組み合わせは説明書通りとする。
  ※前後逆に取り付けるのは不可、但しハードタイヤの色は4輪とも自由とする。
  ※ローフリクションタイヤは使用禁止とする。
  ※前後のタイヤの硬さを変更するのは禁止とする。

● ホイールは4本とも同一デザインの物を使用する、但し色や素材は4輪とも自由とする。

● キット付属のタイヤ径とギヤ比は必ず合致しなければならない。
  ※ARシャーシの大径タイヤ車は赤カウンターギヤなので注意してください。

● シャーシ、ボディ共に一切の加工、穴あけなど禁止する。
  ※一切の加工無しに搭載できるボディなら各シャーシを問わず取り付けて良い。
  ※ボディやシャーシ破損(クラック等)の場合原型を留めるように接着剤などで補修する事
  ※ターボエンド(ボディキャッチ)は別キットの物でも構いません。

● ボディのウイング部分など、破損、脱落の恐れのあるパーツは取り外して良い。

● ボティの塗装、マーキング、ステッカーは自由とする。
  ※マルチテープ及び公式レースの車検シールはステッカーとして認めません。

● プロペラシャフト車はセンターモーター車との駆動系の抵抗差緩和するため、中空プロペラシャフトへの交換を認める

● モーターのピニオンギヤは全ての市販品と交換出来る。
  ※AR、FM-Aに紫ピニオンの使用もOK、但しクラウンギヤはキット付属の物に限ります。

● ARシャーシ及びMAシャーシのリアスキッドプレートの取り外しは認める。

● 全てのミニ四駆シャーシにAR、MA、FM-Aに付属のPOM製のシャフト軸受けへの交換を認める。
  ※性能差を緩和するため
  ※逆に金属ハトメを使用するのも許可します。

● 充電式バッテリーの使用は禁止します。
   ※MTM大会では参加コストを考慮して現在は充電式バッテーリの使用を許可しています。

● グリス、オイルは銘柄を問いませんがコースに飛散しないように塗布してください。

● 中空ステンレスシャフト、チタンシャフト、フッ素コートギヤシャフトは使用禁止、但し全ての金属パーツはコンパウンド等を使って磨くのはメンテナンスとして許可します。
  ※これまで禁止していたゴールドターミナルは使用可としました。

● クリアボディはレイボルフ、エクスフローリー、ベルダーガ、トルクルーザー、TRFワークスJr 以外はキット付属でも使用不可とする。

店内タイムアタックの時は走行後にスピードチェッカーにて速度計測してください、チェッカーが自動で止まるまで測って25キロを超過した場合はタイム無効となります。

※こちらのレギュレーションは当ブログ内での自主規定です。

このページのトップヘ