MTMミニ4ファクトリー

愛媛のミニ四駆サーキット常設店
MTM-HOBBY 公式ブログ
愛媛県四国中央市中曽根町372-1
TEL / FAX 0896-24-2850
定休日 毎週水曜 営業時間10:00~19:00

10/20(日)は松山のTSFC主催のミニ四駆レースに参加して来ました、本当は埼玉で開催しているSKC杯へエントリーしていたんだけど諸々の事情で断念(^^;

 TSFC1310-01.jpg
事前に今回のTSFCは年に1度のFL杯(ファイナルラップ杯)と聞いていたのでフラットカツフラ!をイメージして行ったのですが今月はスロープレースの月(フラットと交互開催)だったので数年ぶりにKIDカーを走らせてきました。

TSFC1310-03.jpg TSFC1310-07.jpg
KIDカーは持ってなかったのですが大径タイヤのKIDSカーがあったので工具箱からノーマルの新品モーター発掘し急遽マシン2台(娘の分もw)でっち上げました、なんとかレース前に数回走らせる事が出来たのですが見た目に遅い・・、今回はマンガン電池1セットのみで2戦するって事だったんですが歴戦のレーサーが集うTSFCではそんなマシン(モーター・・?)では通用せず玉砕w、ちなみにKIDカークラスのレースはインフィールドのみ使用しました。

TSFC1310-05.jpg TSFC1310-06.jpg
第2レースはタミヤ仕様のマシンで外周のストレート区間にドラゴンバックが2連付きとなりました、他のレースでもっと激しいコースばかり走らせているので全然楽勝と思っていましたがやはりFL杯ともなるとそこそこの速度が要求されるのでここをクリアできるかどうかが要になってましたね。

TSFC1310-09.jpg TSFC1310-08.jpg
こちらのレースもKIDカークラスからのマンガン電池を引き続き使うって事ではやはりマシンも遅すぎて敗退したけど、敗者復活戦では自前電池が使えるって事でスピードと安定性もそこそこマッチして少しだけ勝ち上がることが出来ました、ちなみに最後はドラゴンバック下りで引っ掛けて終了だったけど(^^;

TSFC1310-12.jpg TSFC1310-11.jpg
レース結果は大した事無かったけどやはりTSFCのレースは歴史もあって速い人もたくさん居て深く楽しめますね、もうこの走行会も20年くらい毎月続けられているようで、今回のFL杯と言うのもTSFC発足した時の模型店がファイナルラップというお店(今は閉店されてます)が由縁と聞いています。

そういう回を重ねて積み重ねられたノウハウやスキルは参加されている皆さんの経験値となってレースだけでなく勉強や仕事などいろんな事に応用できますね、また時間がある時は顔出したいのでずっとレース続けててくださいね(^^)




↑ 宜しければミニ四駆 ブログランキングUPにご協力下さい。



約2年の沈黙を破りあのミニ四駆カツフラレースが帰ってきた!、MTMミニ四駆チャレンジカップ Vol-06大会開催決定!!、今大会は2013年シリーズのミニ4グラチャンシリーズの最終戦でもあり年間チャンピオンの表彰式も予定しています。

【大会日程】
■開催日時 2013年12月22日(日)
■開催会場 香川県丸亀市民会館 TEL:0877-23-4141(大会のお問い合わせは出来ません)
■入場時間 AM9:00
■参加費用 1000円(予定)/モーター持込 (2個まで)
■受付日時 11月24日(日)PM8:00より専用メールアドレスにて(予定)
■参加定員 一般募集50名(先着順)
■クラス分 チューンクラス、ダッシュクラスで上位3名づつ表彰


【レース方式】
■タイムアタック方式/5アタック
 ・チューンクラス、ダッシュクラス併せて1人5回までのアタックが出来る。
 ・使用モーターによって参加できるクラスが限定されるのでご注意ください。
 ・チューンクラス上位10名にはMINI4GCSポイントが加算されます。
 ・各クラス上位5名の使用モーターは全て分解開封し状態を一部公開します。
 ・開封したモーターはその後のレースで使用できなくなりますのでご了承ください。

■コースレイアウト
 ・全長約200m前後の立体LCを使用したフラットコースを予定しています。


【車両規定】
■チューンクラス : 公式レギュで使用できるチューン系モーターを使用したマシン
 ・使用するモーターは現行ラベルの新品未開封のものを当日受付に持ち込んでください。
 ・同一銘柄のモーターは主催側でシャッフルして再配布となりますのでご了承ください。
 ・ブレークインは必ずミニ四駆(ワークマシン可)に搭載した状態で行なってください。
 ・走行と同一条件の電池を使い、電池の逆入れによるリバース運転は可とします。

■ダッシュクラス : 公式レギュで使用できるダッシュ系モーターを使用したマシン
 ・使用するモーターを受付時に提示してラベル貼り付けしてください。
 ・大会に向けて事前にブレークインしたモーターの使用も構いません。
 ・ブレークイン方法は問いませんが改造と判断された処理は失格となります。

■モーターは1人2個までを受付時に登録しもののみ使用が認められる。
 ・チューン、ダッシュの両方に出走する場合は各1種類づつを受付で登録する。
 ・片方のクラスだけ参加の場合はチューン系2個、又はダッシュ系2個の使用となります。

■使用可能な単三型バッテリー(電池)について
 ・マンガン電池はパフォーマンスを考慮して使用禁止とさせていただきます。
 ・アルカリ電池は銘柄問わず、衣服などでの保温を超える加熱処理は禁止します。
 ・ニッカド電池、ニッケル水素電池の銘柄、容量は問いません。
 ・プラス端子の無いもの、ハンダ付けタブのあるような特殊形状の物は使用禁止。
 ・電池の改造は一切禁止、端子の鏡面処理は形状が変わらない範囲で許可します。

■バッテリー端子(金具)について
 ・形状変更などは認められないが端子圧力を保持する工夫は認められる。
 ・金具の取り付け位置の改造は認められない。
 ・金具の鏡面研磨などの処理はメンテナンスの範囲として許される。
 ・金具に接点回復剤などの塗布処理は禁止する。

■タイヤについて
 ・タイヤ表面をパーツクリーナー等で拭き取るのはメンテナンスの範囲しとて許可する。

■その他の規定
 ・電池の逆入れなどリバースシャーシ(前後or裏表)の参加は許可します。
 ・ここに記載されてない項目は「MTMレギュレーション」に順ずる。
 ・そのほかご意見、ご質問など御座いましたらご連絡ください。


mtm_race01.jpg
過去の大会は旧ホームベージの「MTMチャレンジCUP」のコンテンツをご参照ください、参考までに2009年開催のVol-02は今大会と同じような2クラスでの開催でしたのでご参照ください。



毎月第2金曜日は地元ジョリーハダさんの定例ナイトレース!、今回も仕事を途中で放って来て(マテ 時間ギリギリで参加してきましたよ(^^)

ジョリハダ1011-02
夜7時半からレース・・・なんだけど主催進行部隊が居ないので8時くらいまで様子見w、参加者10人くらいなのでチャチャっと自分が仕切ってきました(ぉぃ

ジョリハダ1011-03
ジュニア、オープン混合レースだけど先のジャパンカップ福岡大会のジュニアクラスの覇者のらむちゃんがお兄ちゃんのまつり君を僅差で従えて優勝となりました!、また残った全員で3位決定戦をやって勝ちあがったのはレース初出場のさとし君となりました。

ジョリハダ1011-01
自分は一回戦敗退も敗者復活から二回戦進出!、そこから優勝して伝説になる(マシンはKIDSカー)という予定があっさりCO敗退でした(^^;、それとまだまだ少数の参加ですが毎回新しい顔ぶれがレースに集まってくれるのは良いですね、やはり常設コースってありがたいですね(^^)

次回の大会は第4日曜の10月27日の午後2時からです、強者らむちゃんはお父さんとジャパンカップのチャンピオン戦で品川に行かれるそうなのでジョリーハダ杯に勝ちを狙いに来るには穴場ですよw

自分は日曜のレースはいろいろイベントと被るので参加が危ぶまれるんだけど、また参加の時は宜しくお願いします(^^)



このページのトップヘ